野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

野球界の偉人②(鶴岡一人、ヴィクトル・スタルヒン、沢村栄治)

 

80年を超えるプロ野球の歴史には、数々の偉大な選手たちが存在します。
これからも語り継がれるべき、それぞれの時代を代表するスターの紹介第2弾です。

 

 

 


鶴岡一人(南海軍)

f:id:pekitarin:20170226160814j:plain


・野球界の親分
・監督として23年もの間、南海ホークスを率いて優勝11回日本一2回通算勝利数1773勝(歴代1位)Aクラス22回
グラウンドにはゼニが落ちている指揮官が悪ければ部隊は絶滅するといった名言を残す。
・実は選手としては一年目に本塁打王になるなど活躍。
・29歳で選手兼任監督に就任。
・監督20年で一旦退任するが、後任監督が就任直後に亡くなったため、続けて3年契約を結んだ。



ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍 - パシフィック - 金星スターズ - 高橋ユニオンズ)

f:id:pekitarin:20170226160842j:plain


日本プロ野球初の外国生まれ選手
・1939年にプロ野球記録タイのシーズン42勝
・1955年にはプロ野球史上初の300勝を達成。
プロ野球記録の83完封を記録。
・当時の日本記録となるシーズン4本のサヨナラ打を放つなど、通算打率.237と投手としては打撃も得意であった。
野球殿堂競技者表彰初の選出者



沢村栄治(東京巨人軍)

f:id:pekitarin:20170226160934j:plain


・巨人の永久欠番14
・史上初となるノーヒットノーランを記録し、史上初のMVPを獲得。
・史上最多のノーヒットノーラン3回達成。

 

 

 

関連記事もどうぞ。

www.pekitarin.com