野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

助っ人通算記録トップ10 ~投手編~


プロ野球の長い歴史上、各球団に無くてはならない存在としてチームに貢献してきた数々の助っ人達。その中でも数年に渡り活躍し、素晴らしい成績を残した選手たちを紹介します。(※2017年終了時点)

 

 

目次

 

通算登板数記録トップ10

1位:496試合 郭源治(中日) 

 シーズン最多登板:61

2位:438試合 ブライアン・シコースキー(ロッテほか)

 シーズン最多登板:70

 

3位:421試合 デニス・サファテ(ソフトバンクほか)

 シーズン最多登板:66(※現役選手)

4位:371試合 ジェフ・ウィリアムス(阪神)

 シーズン最多登板:75

5位:359試合 スコット・マシソン(巨人)

 シーズン最多登板:70(※現役選手)

6位:304試合 マーク・クルーン(巨人ほか)

 シーズン最多登板:61

7位:301試合 ミンチェ(西武ほか)

 シーズン最多登板:49

 

8位:297試合 荘勝雄(ロッテ)

 シーズン最多登板:49

9位:272試合 郭泰源(西武)

 シーズン最多登板:39

10位:264試合 ジョー・スタンカ(大洋ほか)

 シーズン最多登板:47

 

通算勝利数トップ10

1位:117勝 郭泰源(西武ほか) 

 シーズン最多勝利数:15

2位:106勝 郭源治(中日) 

 シーズン最多勝利数:11

3位タイ:100勝 ジーン・バッキー(阪神ほか) 

 シーズン最多勝利数:29

3位タイ:100勝 ジョー・スタンカ(南海ほか) 

 シーズン最多勝利数:26

5位:84勝 ランディ・メッセンジャー(阪神) 

 シーズン最多勝利数:13(※現役選手)

6位:75勝 ジェイソン・スタンリッジ(ロッテほか) 

 シーズン最多勝利数:11(※現役選手)

7位:74勝 ネイサン・ミンチー(広島ほか) 

 シーズン最多勝利数:15

 

 

8位:70勝 荘勝雄(ロッテ) 

 シーズン最多勝利数:13

9位:69勝 ジェレミー・パウエル(近鉄ほか) 

 シーズン最多勝利数:17

10位:64勝 セス・グライシンガー(ヤクルトほか) 

 シーズン最多勝利数:17

 

通算防御率トップ10

(※200投球回以上)

1位:1.58 デニス・サファテ(ソフトバンクほか) 

 シーズン最高防御率:1.05(※現役選手)

2位:1.70 ブライアン・ファルケンボーグ(ソフトバンクほか) 

 シーズン最高防御率:1.02

3位:2.09 林昌勇(ヤクルト) 

 シーズン最高防御率:1.46

4位:2.18 マイルズ・マイコラス(巨人) 

 シーズン最高防御率:1.92

5位:2.20 ジェフ・ウィリアムス(阪神) 

 シーズン最高防御率:0.96

6位:2.30 スコット・マシソン(巨人) 

 シーズン最高防御率:1.03(※現役選手)

7位:2.34 ジーン・バッキー(阪神ほか) 

 シーズン最高防御率:1.89

8位:2.52 ルーファス・ゲインズ(阪急) 

 シーズン最高防御率:2.52

9位:2.55 グレン・ミケンズ(近鉄)

 シーズン最高防御率:2.23

10位:2.59 チェン・ウェイン(中日)

 シーズン最高防御率:1.54

 

通算奪三振数トップ10

1位:1415奪三振 郭源治(中日) 

 シーズン最多奪三振数:177

2位:1271奪三振 ランディ・メッセンジャー(阪神) 

 シーズン最多奪三振数:226(※現役選手)

3位:1069奪三振 郭泰源(西武) 

 シーズン最多奪三振数:117

4位:887奪三振 ジョー・スタンカ(南海ほか) 

 シーズン最多奪三振数:176

5位:858奪三振 ジェレミー・パウエル(近鉄ほか) 

 シーズン最多奪三振数:182

6位:844奪三振 ジェイソン・スタンリッジ(ロッテほか) 

 シーズン最多奪三振数:129(※現役選手)

7位:825奪三振 ジーン・バッキー(阪神) 

 シーズン最多奪三振数:200

 

8位:693奪三振 荘勝雄(ロッテ) 

 シーズン最多奪三振数:130

9位:630奪三振 セス・グライシンガー(ヤクルトほか) 

 シーズン最多奪三振数:167

10位:598奪三振 ネイサン・ミンチー(ロッテほか) 

 シーズン最多奪三振数:132

 

 

 

トップページ