野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

2016年最も本塁打を放った世代は?


2016年シーズン、最もプロ野球界を席巻したのはどの世代か?
最も本塁打を多く記録した世代トップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20170218121413p:plain

 

 

 

 

f:id:pekitarin:20170218121506p:plain

 

 

 

2016年の世代別本塁打数でトップに立ったのは1988年世代の136本。
世代での上位選手は、坂本勇人(巨人):23本、ビシエド(中日):22本、柳田悠岐(ソフトバンク):18本、梶谷隆幸(DeNA):18本。

 

2位は、1989年世代の121本。
世代での上位選手は、中田翔(日本ハム):25本、丸佳浩(広島):20本、菊池涼介(広島):13本、田中広輔(広島):13本。

 

3位は、1987年世代の116本。
世代での上位選手は、レアード(日本ハム):39本、T-岡田(オリックス):20本、平田良介(中日):14本。

 

4位は、1983年世代の113本。

世代での上位選手は、ロペス(DeNA):34本、松田宣浩(ソフトバンク):27本、中村剛也(西武):21本。


5位は、1984年世代の101本。
世代での上位選手は、バレンティン(ヤクルト):31本、ゴメス(阪神):22本、長野久義(巨人):11本。

 

6位タイは、1991年世代の96本。
1991年世代での上位3選手は、筒香嘉智(DeNA):44本、山川穂高(西武):14本、原口文仁(阪神):11本。

 

7位は、1986年世代の95本。
世代での上位3選手は、ウィーラー(楽天):27本、デスパイネ(ロッテ):24本、陽岱鋼(日本ハム):14本。

8位タイは、1992年世代1985年世代の73本。

1992年世代での上位3選手は、山田哲人(ヤクルト):38本、西田明央(ヤクルト):7本、江越大賀(阪神):7本。
1985年世代での上位4選手は、メヒア(西武):35本、松山竜平(広島):10本、城所龍磨(ソフトバンク):6本、清田育宏(ロッテ):6本。

 

10位は、1981年世代の66本。
世代での上位3選手は、ギャレット(巨人):24本、糸井嘉男(オリックス):17本、ナニータ(中日):8本。



 

 

 

 

 

「2016年の世代別本塁打記録」完全版をnoteで販売中です。

note.mu