野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

出身地別で2016年最も安打を放ったのは?


2016年シーズン、最もプロ野球界を席巻したのはどの地域か?
出身地別で最も多く安打を記録した地域のトップ10を紹介します。

f:id:pekitarin:20170216001405p:plain

 

 

 

 

f:id:pekitarin:20170216001502p:plain

 

 

 

2016年の出身地別安打数でトップに立ったのは大阪の1446本。
地域での上位3選手は、浅村栄斗(西武):172本、桑原将志(DeNA):131本、T-岡田(オリックス):129本。

 

2位は、神奈川の1017本。
地域での上位3選手は、秋山翔吾(西武):171本、倉本寿彦(DeNA):157本、田中広輔(広島):154本。

 

3位は、東京の993本。
地域での上位3選手は、菊池涼介(広島):181本、鈴木誠也(広島):156本、西野真弘(オリックス):142本。

4位は、福岡の814本。
地域での上位3選手は、村田修一(巨人):160本、田中賢介(日本ハム):147本、中島卓也(日本ハム):115本。

5位は、千葉の728本。
地域での上位3選手は、丸佳浩(広島):162本、高山俊(阪神):136本、阿部慎之助(巨人):104本。

6位は、兵庫の715本。
地域での上位3選手は、坂本勇人(巨人):168本、坂口智隆(ヤクルト):155本、山田哲人(ヤクルト):146本。

7位は、アメリカの639本。
地域での上位3選手は、レアード(日本ハム):144本、ウィーラー(楽天):137本、ギャレット(巨人):109本。

8位は、広島の530本。
地域での上位3選手は、中田翔(日本ハム):142本、新井貴浩(広島):136本、柳田悠岐(ソフトバンク):131本。

9位は、京都の528本。
地域での上位3選手は、糸井嘉男(オリックス):163本、金子侑司(西武):122本、今江敏晃(楽天):89本。

10位は、愛知の492本。
地域での上位3選手は、大島洋平(中日):175本、堂上直倫(中日):116本、伊藤光(オリックス):45本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去5年間の成績が記録されていてこの値段!
「野球の記録」ファンにはたまらない一冊です。