野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

野球界の偉人⑰(板東英二、高木守道、柴田勲)

 

80年を超えるプロ野球の歴史には、数々の偉大な選手たちが存在します。

これからも語り継がれるべき、それぞれの時代を代表するスターの紹介第17弾です。

 

 

 

 

板東英二(中日ドラゴンズ)

 

f:id:pekitarin:20170301234046j:plain

 

・高校時代は夏の甲子園大会の1大会通算奪三振83を記録している。その年「延長18回引き分け再試合」が初めて適用されたが、このルールが導入されるきっかけを作ったのも板東である。

・史上2人目の一球勝利達成者(※日本人投手としては初)である。

・現役時代の通算成績は435試合に登板し、77勝65敗、防御率2.89である。

 

 

 

高木守道(中日ドラゴンズ)

 

f:id:pekitarin:20170301234452j:plain

 

・2代目ミスタードラゴンズと呼ばれた名選手である。

・不動の二塁手として、盗塁王3回、ベストナイン7回(※二塁手史上最多記録)、

 ダイヤモンドグラブ3回など数々のタイトルを獲得。

・21年間中日一筋でプレーし、背番号1は永久欠番になる予定だったが、本人の意向により辞退された

・史上初となる200本塁打&200犠打を記録している。

 

 

 

柴田勲(読売ジャイアンツ)

 

f:id:pekitarin:20170301235206j:plain

 

・トレードマークの赤い手袋から「赤手袋の柴田」と呼ばれた。

通算579盗塁は福本豊、広瀬叔功に次ぐ歴代3位の記録である(※セ・リーグ最多)。

・1962年に投手として入団し、開幕2戦目で初登板・初先発を果たすも結果を残せず打者へと転向する。

・打者転向と同時にスイッチヒッターとなり、1963年途中からレギュラーに定着する。

・1980年にはスイッチヒッターとしては史上初の2000本安打を達成する。

・2009年からは金田正一に代わって、日本プロ野球名球会の代表取締役社長に就任している。