野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

WBC(World Baseball Classic) 侍ジャパンの歴史

 

第1回、第2回と連覇を果たし絶対王者として第3回大会にのぞんだ日本代表は惜しくも3連覇を逃しました。リベンジを目指した第4回大会では準決勝で惜しくもアメリカに敗れたものの、随所で”侍ジャパン”の力を世界へと見せつけました。数々の歴史を築いてきた”侍ジャパン”を振り返ってみましょう!

 

 

 

 

 

第1回大会 (2006年)

成績:優勝
通算:5勝3敗

 

<第1ラウンド>
第一試合(東京ドーム)
○ 日本 18 - 2 中国 ●
第二試合(東京ドーム)
○ 日本 14 - 3 チャイニーズタイペイ ●
第三試合(東京ドーム)
● 日本 2 - 3 韓国 ○

 

<第2ラウンド>
第一試合(エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム)
● 日本 3 - 4 アメリカ ○
第二試合(エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム
○ 日本 6 - 1 メキシコ ●
第三試合(エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム
● 日本 1 - 2 韓国 ○

 

<決勝ラウンド>
準決勝(ペトコ・パーク
○ 日本 6 - 0 韓国 ●
決勝(ペトコ・パーク
○ 日本 10 - 6 キューバ ●

 

代表メンバー

●監督
 王 貞治

●コーチ
 弘田 澄男
 大島 康徳
 鹿取 義隆
 辻 発彦
 武田 一浩

●投手
 渡辺 俊介
 松坂 大輔 (MVP)
 藤川 球児
 杉内 俊哉
 馬原 孝浩
 清水 直行
 藤田 宗一
 久保田 智之
 上原 浩治
 薮田 安彦
 和田 毅
 大塚 晶則
 小林 宏之
 黒田 博樹
 石井 弘寿

●捕手
 里崎 智也 (優秀選手)
 谷繁 元信
 相川 亮二

●内野手
 小笠原 道大
 岩村 明憲
 川崎 宗則
 松中 信彦
 西岡 剛
 今江 敏晃
 宮本 慎也
 新井 貴浩

●外野手
 イチロー  (優秀選手)
 福留 孝介
 青木 宣親
 和田 一浩
 多村 仁
 金城 龍彦

 

個人投球成績

f:id:pekitarin:20170307201742p:plain

 

個人打撃成績

f:id:pekitarin:20170307201803p:plain

 

 

 

第2回大会(2009年)

成績:優勝
通算:7勝2敗

 

<第1ラウンド>
一回戦(東京ドーム)
○ 日本 4 - 0 中国 ●
二回戦(東京ドーム)
○ 日本 14 - 2 韓国 ●
1位決定戦(東京ドーム)
● 日本 0 - 1 韓国 ○

 

<第2ラウンド>
一回戦(ペトコ・パーク)
○ 日本 6 - 0 キューバ ●
二回戦(ペトコ・パーク
● 日本 1 - 4 韓国 ○
敗者復活二回戦(ペトコ・パーク
○ 日本 5 - 0 キューバ ●
1位決定戦(ペトコ・パーク
○ 日本 6 - 2 韓国 ●

 

<決勝ラウンド>
準決勝(ドジャー・スタジアム
○ 日本 9 - 4 アメリカ ●
決勝(ドジャー・スタジアム
○ 日本 5 - 3 韓国 ●

 

代表メンバー

●監督
 原 辰徳

●コーチ
 山田 久志
 高代 延博
 篠塚 和典
 伊東 勤
 与田 剛
 緒方 耕一

●投手
 渡辺 俊介
 松坂 大輔 (MVP)
 藤川 球児
 杉内 俊哉
 岩隈 久志 (優秀選手)
 小松 聖
 馬原 孝浩
 涌井 秀章
 ダルビッシュ有
 田中 将大

●捕手
 城島 健司
 阿部 慎之助
 石原 慶幸

●内野手
 稲葉 篤紀
 小笠原 道大
 岩村 明憲
 村田 修一
 川崎 宗則
 中島 裕之
 片岡 易之
 栗原 健太 ※途中招集

●外野手
 イチロー
 福留 孝介
 青木 宣親 (優秀選手)
 内川 聖一
 亀井 義行

 

個人投球成績

f:id:pekitarin:20170307202031p:plain

 

個人打撃成績

f:id:pekitarin:20170307202053p:plain

 

 

 

第3回大会(2013年)

成績:ベスト4
通算:5勝2敗

 

<第1ラウンド>
第一試合(福岡ヤフオク!ドーム)
○ 日本 5 - 3 ブラジル ●
第二試合(福岡ヤフオク!ドーム
○ 日本 5 - 2 中国 ●
第三試合(福岡ヤフオク!ドーム
● 日本 3 - 6 キューバ ○

 

<第2ラウンド>
一回戦(東京ドーム)
○ 日本 4 - 3 チャイニーズ・タイペイ ●
二回戦(東京ドーム)
○ 日本 16 - 4 オランダ ●
ラウンド1位決定戦(東京ドーム)
○ 日本 10 - 6 オランダ ●

 

<決勝ラウンド>
準決勝(AT&Tパーク
● 日本 1 - 3 プエルトリコ ○

 

代表メンバー

●監督
 山本 浩二

●コーチ
 与田 剛
 東尾 修
 梨田 昌孝
 高代 延博
 立浪 和義
 緒方 耕一
 橋上 秀樹

●投手
 能見 篤史
 杉内 俊哉
 攝津 正
 内海 哲也
 山口 鉄也
 大隣 憲司
 牧田 和久
 涌井 秀章
 森福 允彦
 田中 将大
 澤村 拓一
 前田 健太 (優秀選手)
 今村 猛

●捕手
 相川 亮二
 阿部 慎之助
 炭谷 銀仁朗

●内野手
 稲葉 篤紀
 松井 稼頭央
 井端 弘和 (優秀選手)
 鳥谷 敬
 松田 宣浩
 本多 雄一
 坂本 勇人

●外野手
 糸井 嘉男
 内川 聖一
 長野 久義
 角中 勝也
 中田 翔

 

個人投球成績

f:id:pekitarin:20170307202155p:plain

 

個人打撃成績

f:id:pekitarin:20170307202215p:plain

 

 

 

第4回大会(2017年)

成績:ベスト4
通算:6勝1敗

 

<1次ラウンド>
第一試合(東京ドーム)
○ 日本 11 - 6 キューバ ●
第二試合(東京ドーム)
○ 日本 4 - 1 オーストラリア ●
第三試合(東京ドーム)
○ 日本 7 - 1 中国 ●

 

<2次ラウンド>
第一試合(東京ドーム)
○ 日本 8 - 6 オランダ ●
第二試合(東京ドーム)
○ 日本 8 - 5 キューバ ●
第三試合(東京ドーム)
○ 日本 8 - 3 イスラエル ●

 

<決勝ラウンド>
準決勝(ドジャー・スタジアム
● 日本 1 - 2 アメリカ ◯

 

代表メンバー

●監督
 小久保 裕紀

●コーチ
 権藤 博
 奈良原 浩
 大西 崇之
 稲葉 篤紀
 村田 善則
 仁志 敏久

●投手
 松井 裕樹
 菅野 智之
 秋吉 亮
 則本 昂大
 宮西 尚生
 藤浪 晋太郎
 増井 浩俊
 石川 歩
 武田 翔太
 岡田 俊哉
 牧田 和久
 千賀 滉大 (優秀選手)
 平野 佳寿

●捕手
 炭谷 銀仁朗
 小林 誠司
 大野 奨太

●内野手
 田中 広輔
 松田 宣浩
 菊池 涼介
 坂本 勇人
 中田 翔
 山田 哲人

●外野手
 内川 聖一
 青木 宣親
 平田 良介
 筒香 嘉智
 鈴木 誠也
 秋山 翔吾

 

個人投球成績

f:id:pekitarin:20170325234222p:plain

 

個人打撃成績

f:id:pekitarin:20170325234305p:plain

 

 

 

関連記事もどうぞ。