野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代最優秀防御率②

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では最優秀防御率を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

 

1950年

セ・リーグ

防御率:2.03

大島信雄(松竹ロビンス)

シーズン成績:34試合、防御率2.03、20勝4敗

通算防御率:2.82

パ・リーグ

防御率:2.06

荒巻淳(毎日オリオンズ)

シーズン成績:48試合、防御率2.06、26勝8敗

通算防御率:2.23

 

1951年

セ・リーグ

防御率:2.01

松田清(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:34試合、防御率2.01、23勝3敗

通算防御率:2.62

パ・リーグ

防御率:2.08

柚木進(南海ホークス)

シーズン成績:36試合、防御率2.08、19勝5敗

通算防御率:2.49

 

1952年

セ・リーグ

防御率:1.71

梶岡忠義(大阪タイガース)

シーズン成績:38試合、防御率1.71、21勝8敗

通算防御率:2.80

パ・リーグ

防御率:1.91

柚木進(南海ホークス)※2度目

シーズン成績:40試合、防御率1.91、19勝7敗

通算防御率:2.49

 

1953年

セ・リーグ

防御率:1.85

大友工(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:43試合、防御率1.85、27勝6敗

通算防御率:2.11

パ・リーグ

防御率:1.98

川崎徳次(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:47試合、防御率1.98、24勝15敗

通算防御率:2.53

 

1954年

セ・リーグ

防御率:1.39

杉下茂(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:63試合、防御率1.39、32勝12敗

通算防御率:2.23

パ・リーグ

防御率:1.58

宅和本司(南海ホークス)

シーズン成績:60試合、防御率1.58、26勝9敗

通算防御率:2.29

 

1955年

セ・リーグ

防御率:1.33

別所毅彦(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:50試合、防御率1.33、23勝8敗

通算防御率:2.18

パ・リーグ

防御率:2.08

中川隆(毎日オリオンズ)

シーズン成績:49試合、防御率2.08、18勝11敗

通算防御率:2.84

 

1956年

セ・リーグ

防御率:1.45

渡辺省三(大阪タイガース)

シーズン成績:52試合、防御率1.45、22勝8敗

通算防御率:2.44

パ・リーグ

防御率:1.06

稲尾和久(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:61試合、防御率1.06、21勝6敗

通算防御率:1.98

 

1957年

セ・リーグ

防御率:1.63

金田正一(国鉄スワローズ)

シーズン成績:61試合、防御率1.63、28勝16敗

通算防御率:2.34

パ・リーグ

防御率:1.37

稲尾和久(西鉄ライオンズ)※2度目

シーズン成績:68試合、防御率1.37、35勝6敗

通算防御率:1.98

 

1958年

セ・リーグ

防御率:1.30

金田正一(国鉄スワローズ)※2度目

シーズン成績:56試合、防御率1.30、31勝14敗

通算防御率:2.34

パ・リーグ

防御率:1.42

稲尾和久(西鉄ライオンズ)※3度目

シーズン成績:72試合、防御率1.42、33勝10敗

通算防御率:1.98

 

1959年

セ・リーグ

防御率:1.19

村山実(大阪タイガース)

シーズン成績:54試合、防御率1.19、18勝10敗

通算防御率:2.09

パ・リーグ

防御率:1.40

杉浦忠(南海ホークス)

シーズン成績:69試合、防御率1.40、38勝4敗

通算防御率:2.39

 

 

 

トップページ