野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

歴代沢村賞受賞者②

 

投手として最高の栄誉「沢村賞」を受賞した歴代の選手達を紹介します。

 

 

 

沢村賞選考基準

①登板試合数:25試合以上

②完投試合数:10試合以上

③勝利数:15勝以上

④勝率:6割以上

⑤投球回数:200イニング以上

⑥奪三振:150個以上

⑦防御率:2.50以下

 

1960年

堀本律雄(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:69試合、26完投、29勝18敗、勝率.617、364回2/3、210奪三振、防御率2.00

選考基準クリア数:7/7

 

1961年

権藤博(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:69試合、32完投、35勝19敗、勝率.648、429回1/3、310奪三振、防御率1.70

選考基準クリア数:7/7

 

1962年

小山正明(阪神タイガース)

シーズン成績:47試合、26完投、27勝11敗、勝率.711、352回2/3、270奪三振、防御率1.66

選考基準クリア数:7/7

 

1963年

伊藤芳明(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:39試合、18完投、19勝8敗、勝率.704、236回1/3、166奪三振、防御率1.90

選考基準クリア数:7/7

 

1964年

ジーン・バッキー(阪神タイガース)

シーズン成績:46試合、24完投、29勝9敗、勝率.763、353回1/3、200奪三振、防御率1.89

選考基準クリア数:7/7

 

1965年

村山実(阪神タイガース)※2度目

シーズン成績:39試合、26完投、25勝13敗、勝率.658、307回2/3、205奪三振、防御率1.96

選考基準クリア数:7/7

 

1966年

村山実(阪神タイガース)※3度目

シーズン成績:38試合、24完投、24勝9敗、勝率.727、290回1/3、207奪三振、防御率1.55

選考基準クリア数:7/7

堀内恒夫(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:33試合、14完投、16勝2敗、勝率.889、181回、117奪三振、防御率1.39

選考基準クリア数:5/7

 

1967年

小川健太郎(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:55試合、16完投、29勝12敗、勝率.707、279回2/3、178奪三振、防御率2.51

選考基準クリア数:6/7

 

1968年

江夏豊(阪神タイガース)

シーズン成績:49試合、26完投、25勝12敗、勝率.676、329回、401奪三振、防御率2.13

選考基準クリア数:7/7

 

1969年

高橋一三(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:45試合、19完投、22勝5敗、勝率.815、256回、221奪三振、防御率2.21

選考基準クリア数:7/7

 

 

 

トップページ