野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

時代を彩った強力打線 〜メガトン打線〜

 

プロ野球の長い歴史においては、その時代ごとに強力かつ個性的な打線が存在してきました。

 

 

目次

 

メガトン打線とは

・1960年代中盤の大洋ホエールズ打線の愛称。

1960年の優勝以来、長距離打者を積極的に補強するなど打線の大型化を進め、破壊力抜群の様から名付けられた。

 

主なオーダー(1964年)

1(中)重松省三

年成績:136試合、打率.296、15本塁打、50打点、8盗塁

受賞:ベストナイン

pekitarinメモ:初の規定打席到達を果たし、オールスターにも出場。

 

2(一)近藤和彦

年成績:138試合、打率.273、7本塁打、35打点、7盗塁

受賞:ベストナイン

pekitarinメモ:天秤打法と呼ばれた個性的な打法で、この年は自己最多の25二塁打を記録。

関連ページ:名球会へ僅かに届かなかった名打者たち③ - 野球の記録がここにある

 

3(三)マイケル・クラスニック

年成績:139試合、打率.266、36本塁打、89打点、1盗塁

pekitarinメモ:王貞治の55本塁打に次ぐリーグ2位の36本塁打を記録するなど主軸として貢献。

 

4(遊)桑田武

年成績:140試合、打率.299、27本塁打、96打点、5盗塁

pekitarinメモ:4番打者としてリーグ最多の140試合出場、161安打、30二塁打を記録。

関連ページ:新人本塁打記録トップ10 - 野球の記録がここにある

 

5(左)長田幸雄

年成績:125試合、打率.297、6本塁打、45打点、5盗塁

pekitarinメモ:規定打席にはわずかに届かなかったものの、自身初の100安打越えとなる116安打を記録。

 

6(右)森徹

年成績:130試合、打率.255、15本塁打、54打点、4盗塁

pekitarinメモ:入団以来7年連続二桁本塁打となる15本塁打を記録。

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代打点王② - 野球の記録がここにある

 

7(二)近藤昭仁

年成績:134試合、打率.266、4本塁打、28打点、20盗塁

pekitarinメモ:3年連続リーグ最多となる31犠打を記録。

関連ページ:歴代日本シリーズMVP② ~1960年代~ - 野球の記録がここにある

 

8(捕)伊藤勲

年成績:125試合、打率.217、13本塁打、51打点、1盗塁

pekitarinメモ:この年レギュラーに定着し、オールスターにも初選出。リーグ最多の100三振も記録した。

関連ページ:100本以上のアーチをかけた男たち⑫ - 野球の記録がここにある

 

 

 

トップページ