野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

過去三年(2015~2017年)の通算安打数トップ10

 

過去三年(2015~2017年)の通算安打数トップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20171028135504p:plain

 

 

目次

 

2014~2016年の通算安打数トップ10紹介記事はこちら。

過去三年(2014~2016年)の通算安打数トップ10 - 野球の記録がここにある

 

1位:572本 秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

過去三年推移:185本(17年)、171本(16年)、216本(15年)

pekitarinメモ:2015年にはプロ野球新記録の216安打を記録。2017年は2度目の最多安打を獲得し、自身初の首位打者に輝いた。

関連ページ:【年間記録】安打数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2位:484本 浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ)

過去三年推移:167本(17年)、172本(16年)、145本(15年)

pekitarinメモ:同僚の秋山に続いて2位にランクイン。3年続けて600打席以上に立つなど大きな怪我もなくチームに貢献。

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代打点王⑧ - 野球の記録がここにある

 

3位:477本 菊池涼介(広島東洋カープ)

過去三年推移:153本(17年)、181本(16年)、143本(15年)

pekitarinメモ:2016年はリーグ最多安打。年によって打撃の好不調に波があるものの、レギュラーとして役割を全うした。

関連ページ:歴代月間MVP 〜6月度④〜 - 野球の記録がここにある

 

4位:471本 大島洋平(中日ドラゴンズ)

過去三年推移:149本(17年)、175本(16年)、147本(15年)

pekitarinメモ:2017年は3年ぶり3度目の打率3割を記録。しかし、シーズン終盤は故障により離脱し自身初の最多安打を逃した。

関連ページ:歴代サイクルヒット達成者⑦ - 野球の記録がここにある

 

5位:467本 田中広輔(広島東洋カープ)

過去三年推移:164本(17年)、154本(16年)、149本(15年)

pekitarinメモ:2017年は惜しくも打率3割に届かなかったものの(.290)、自己最多の164安打を記録。

関連ページ:夏の甲子園優勝校⑩ ~2010年代~ - 野球の記録がここにある

 

6位:465本 丸佳浩(広島東洋カープ)

過去三年推移:171本(17年)、162本(16年)、132本(15年)

pekitarinメモ:2017年自身初の最多安打を獲得。2014年から4年連続全試合出場も果たしている。

関連ページ:交流戦の歴史を振り返る 〜各年の成績〜 - 野球の記録がここにある

 

7位:459本 山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

過去三年推移:130本(17年)、146本(16年)、183本(15年)

pekitarinメモ:予想外のスランプに陥った2017年であったが、全試合出場を果たし主力の責任を果たした。

関連ページ:【緊急分析】山田哲人は自分の打撃を取り戻せるのか? - 野球の記録がここにある

 

8位:454本 坂本勇人(読売ジャイアンツ)

過去三年推移:157本(17年)、168本(16年)、129本(15年)

pekitarinメモ:首位打者に輝いた前年からは数字を落とし、わずかに打率3割に届かなかった。

関連ページ:100本以上のアーチをかけた男たち⑫ - 野球の記録がここにある

 

9位:452本 柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

過去三年推移:139本(17年)、131本(16年)、182本(15年)

pekitarinメモ:4年連続打率3割を記録しているが、3年続けてシーズン中に離脱。2014年以来の全試合出場が期待される。

関連ページ:【年間記録】打率トップ20 - 野球の記録がここにある

 

10位:451本 筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

過去三年推移:143本(17年)、151本(16年)、157本(15年)

pekitarinメモ:シーズン序盤は不調に陥ったが、徐々に盛り返し主軸としてチームのAクラス入りに貢献した。

関連ページ:シーズン40本塁打達成者④ - 野球の記録がここにある

 

 

 

トップページ