野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

出身地別で2017年最も登板数を記録したのは?

 

2017年シーズン、最もプロ野球界を席巻したのはどの地域か?

出身地別で最も多く登板数を記録したトップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20171127215036p:plain

 

 

目次

 

1位:661登板 アメリカ

現役選手数:33人

出身地上位

デニス・サファテ(福岡ソフトバンクホークス):66登板

ブライアン・シュリッター(埼玉西武ライオンズ):64登板

スペンサー・パットン(横浜DeNAベイスターズ):62登板

 

2位:427登板 愛知

現役選手数:35人

出身地上位

田島慎二(中日ドラゴンズ):63登板

田中健二朗(横浜DeNAベイスターズ):60登板

岩瀬仁紀(中日ドラゴンズ):50登板

 

3位:360登板 神奈川

現役選手数:50人

出身地上位

黒木優太(オリックス・バファローズ):55登板

近藤一樹(東京ヤクルトスワローズ):54登板

松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス):52登板

 

4位:341登板 千葉

現役選手数:33人

出身地上位

岩嵜翔(福岡ソフトバンクホークス):72登板

有吉優樹(千葉ロッテマリーンズ):53登板

五十嵐亮太(福岡ソフトバンクホークス):46登板

 

5位:306登板 兵庫

現役選手数:42人

出身地上位

増田達至(埼玉西武ライオンズ):57登板

大谷智久(千葉ロッテマリーンズ):55登板

宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ):51登板

 

6位:281登板 福岡

現役選手数:47人

出身地上位

一岡竜司(広島東洋カープ):59登板

野田昇吾(埼玉西武ライオンズ):38登板

今永昇太(横浜DeNAベイスターズ):24登板

 

7位:272登板 ドミニカ

現役選手数:16人

出身地上位

ラファエル・ドリス(阪神タイガース):63登板

マルコス・マテオ(阪神タイガース):63登板

アルキメデス・カミネロ(読売ジャイアンツ):57登板

 

8位:260登板 広島

現役選手数:30人

出身地上位

西村健太朗(読売ジャイアンツ):45登板

森原康平(東北楽天ゴールデンイーグルス):42登板

薮田和樹(広島東洋カープ):38登板

 

9位:249登板 大阪

現役選手数:67人

出身地上位

近藤大亮(オリックス・バファローズ):55登板

中田廉(広島東洋カープ):53登板

菅原秀(東北楽天ゴールデンイーグルス):29登板

 

10位:229登板 北海道

現役選手数:22人

出身地上位

砂田毅樹(横浜DeNAベイスターズ):62登板

鍵谷陽平(北海道日本ハムファイターズ):60登板

武隈祥太(埼玉西武ライオンズ):58登板

 

 

 

トップページ