野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

血液型別で2017年最も登板数を記録したのは?

 

2017年シーズン、最もプロ野球界で活躍した選手が多かった血液型は何型だったのか?

血液型別の登板数ランキングを紹介します。

 

f:id:pekitarin:20171223153019p:plain

 

 

目次

 

1位:2300登板 A型

現役選手数:269人

血液型上位

石山泰稚(東京ヤクルトスワローズ):66登板

森唯斗(福岡ソフトバンクホークス):64登板

高橋聡文(阪神タイガース):61登板

武隈祥太(埼玉西武ライオンズ):58登板

牧田和久(埼玉西武ライオンズ):58登板

 

2位:1225登板 O型

現役選手数:238人

血液型上位

岩嵜翔(福岡ソフトバンクホークス):72登板

山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ):68登板

桑原謙太朗(阪神タイガース):67登板

鍵谷陽平(北海道日本ハムファイターズ):60登板

一岡竜司(広島東洋カープ):59登板

 

3位:1100登板 B型

現役選手数:183人

血液型上位

今村猛(広島東洋カープ):68登板

岩崎優(阪神タイガース):66登板

福山博之(東北楽天ゴールデンイーグルス):65登板

田島慎二(中日ドラゴンズ):63登板

砂田毅樹(横浜DeNAベイスターズ):62登板

 

4位:1085登板 不明

現役選手数:69人

血液型上位

デニス・サファテ(福岡ソフトバンクホークス):66登板

ブライアン・シュリッター(埼玉西武ライオンズ):64登板

マルコス・マテオ(阪神タイガース):63登板

ラファエル・ドリス(阪神タイガース):63登板

スペンサー・パットン(横浜DeNAベイスターズ):62登板

 

5位:646登板 AB型

現役選手数:71人

血液型上位

三上朋也(横浜DeNAベイスターズ):61登板

増田達至(埼玉西武ライオンズ):57登板

有吉優樹(千葉ロッテマリーンズ):53登板

中田廉(広島東洋カープ):53登板

岩瀬仁紀(中日ドラゴンズ):50登板

 

 

 

 

トップページ