野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【通算記録(MLB)】二塁打数トップ20

 

メジャーリーグの通算二塁打数トップ20を紹介します。(※2017年終了時点)

 

 

目次

 

1位:792本 トリス・スピーカー(クリーブランド・インディアンスほか)

プロ年数:22年

シーズン最多二塁打数:59本(1923年)

リーグ最多二塁打回数:8回

 

2位:746本 ピート・ローズ(シンシナティ・レッズほか)

プロ年数:24年

シーズン最多二塁打数:51本(1978年)

リーグ最多二塁打回数:5回

 

3位:725本 スタン・ミュージアル(セントルイス・カージナルス)

プロ年数:22年

シーズン最多二塁打数:53本(1953年)

リーグ最多二塁打回数:8回

 

4位:723本 タイ・カッブ(デトロイト・タイガースほか)

プロ年数:24年

シーズン最多二塁打数:47本(1911年)

リーグ最多二塁打回数:3回

 

5位:668本 クレイグ・ビジオ(ヒューストン・アストロズ)

プロ年数:20年

シーズン最多二塁打数:56本(1999年)

リーグ最多二塁打回数:3回

 

6位:665本 ジョージ・ブレット(カンザスシティ・ロイヤルズ)

プロ年数:21年

シーズン最多二塁打数:45本(1978年、1990年)

リーグ最多二塁打回数:2回

 

7位:657本 ナップ・ラジョイ(クリーブランド・ナップスほか)

プロ年数:21年

シーズン最多二塁打数:51本(1910年)

リーグ最多二塁打回数:5回

 

8位:646本 カール・ヤストレムスキー(ボストン・レッドソックス)

プロ年数:23年

シーズン最多二塁打数:45本(1965年)

リーグ最多二塁打回数:3回

 

9位:640本 ホーナス・ワグナー(ピッツバーグ・パイレーツほか)

プロ年数:21年

シーズン最多二塁打数:45本(1899年、1900年)

リーグ最多二塁打回数:7回

 

10位:632本 デビッド・オルティズ(ボストン・レッドソックスほか)

プロ年数:20年

シーズン最多二塁打数:52本(2007年)

リーグ最多二塁打回数:0回

 

11位:624本 ハンク・アーロン(アトランタ・ブレーブスほか)

プロ年数:23年

シーズン最多二塁打数:46本(1959年)

リーグ最多二塁打回数:4回

 

12位:619本 アルバート・プホルス(ロサンゼルス・エンゼルス)

プロ年数:17年(※現役選手)

シーズン最多二塁打数:51本(2003年、2004年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

13位:613本 エイドリアン・ベルトレ(テキサス・レンジャーズ)

プロ年数:20年(※現役選手)

シーズン最多二塁打数:49本(2010年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

14位タイ:605本 ポール・モリター(ミルウォーキー・ブルワーズほか)

プロ年数:21年

シーズン最多二塁打数:41本(1987年、1996年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

14位タイ:605本 ポール・ウェイナー(ピッツバーグ・パイレーツほか)

プロ年数:19年

シーズン最多二塁打数:62本(1932年)

リーグ最多二塁打回数:2回

 

16位:603本 カル・リプケン・ジュニア(ボルティモア・オリオールズ)

プロ年数:21年

シーズン最多二塁打数:47本(1983年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

17位:601本 バリー・ボンズ(サンフランシスコ・ジャイアンツほか)

プロ年数:22年

シーズン最多二塁打数:44本(1998年)

リーグ最多二塁打回数:0回

 

18位:596本 ルイス・ゴンザレス(アリゾナ・ダイヤモンドバックスほか)

プロ年数:19年

シーズン最多二塁打数:52本(2006年)

リーグ最多二塁打回数:0回

 

19位:592本 トッド・ヘルトン(コロラド・ロッキーズ)

プロ年数:17年

シーズン最多二塁打数:59本(2000年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

20位:585本 ラファエル・パルメイロ(テキサス・レンジャーズほか)

プロ年数:20年

シーズン最多二塁打数:49本(1991年)

リーグ最多二塁打回数:1回

 

 

 

トップページ