野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【ペナント予想】2018年のタイトルホルダー ~交流戦開幕前日~

 

野球にとことんこだわったブログとしての力試し。

初の試みとして、2018年ペナントリーグにおける個人タイトルを予想してみます。

 

 

これまでの予想記事はこちら。

【ペナント予想】2018年のタイトルホルダー ~開幕直前~

【ペナント予想】2018年のタイトルホルダー ~開幕後1ヶ月経過時点~

 

目次

 

背景

2016年11月の運営開始から1年以上を経過した「野球の記録がここにある」。

様々な野球の記録や歴史を紹介してきた本サイトですが、「自分の野球に関する眼力はどれほど鍛えられたのか?」を確認するため、今回のタイトルホルダー予想を力試しとしてみようと思ったためです。

 

ルール

①予想対象とするタイトルは、以下野手6部門・投手6部門の合計12部門。

<野手部門>

首位打者、本塁打王、打点王、最多安打、最高出塁率、盗塁王(合計6部門)

<投手部門>

最優秀防御率、最多勝、最高勝率、最多奪三振、最優秀中継ぎ投手、最多セーブ(合計6部門)

②予想実施は、2018年シーズンの開幕直前から開始し、後半戦開幕前日(7月15日)をもって予想確定とします。

③以下スケジュールで状況を踏まえて予想を見直し、途中経過を報告します。

<予想見直しスケジュール>

1.開幕直前

2.4月30日(開幕後1ヶ月経過時点)

3.5月28日(交流戦開幕前日) ※本記事

4.6月21日(交流戦終了後、リーグ戦再開前日)

5.7月15日(後半戦開幕前日)

④各タイトルにおいて、3名のタイトル獲得候補者を予想します。

⑤リーグ終了後に答え合わせを実施し、候補者3名の中からタイトル獲得者が出た場合は的中。候補者3名以外がタイトル獲得者となった場合は予想外れとします。

予想的中率100%を目指します。1つでも予想を外した場合、来年以降の予想記事は一切書きません。(※ブログは続けます)

 

タイトルホルダー予想

野手部門

首位打者

セ・リーグ

・坂本勇人(読売ジャイアンツ)

・ソイロ・アルモンテ(中日ドラゴンズ)

・坂口智隆(東京ヤクルトスワローズ)

パ・リーグ

・秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

・中村晃(福岡ソフトバンクホークス)

本塁打王

セ・リーグ

・筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

・ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)

・山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

パ・リーグ

・山川穂高(埼玉西武ライオンズ)

・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

・アルフレド・デスパイネ(福岡ソフトバンクホークス)

打点王

セ・リーグ

・筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

・ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)

・ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ)

パ・リーグ

・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

・山川穂高(埼玉西武ライオンズ)

・浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ)

最多安打

セ・リーグ

・ソイロ・アルモンテ(中日ドラゴンズ)

・宮崎敏郎(横浜DeNAベイスターズ)

・坂本勇人(読売ジャイアンツ)

パ・リーグ

・秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

・荻野貴司(千葉ロッテマリーンズ)

最高出塁率

セ・リーグ

・筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

・山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

・坂口智隆(東京ヤクルトスワローズ)

パ・リーグ

・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

・秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

・山川穂高(埼玉西武ライオンズ)

盗塁王

セ・リーグ

・山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

・田中広輔(広島東洋カープ)

・神里和毅(横浜DeNAベイスターズ)

パ・リーグ

・荻野貴司(千葉ロッテマリーンズ)

・西川遥輝(北海道日本ハムファイターズ)

・源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

投手部門

最優秀防御率

セ・リーグ

・菅野智之(読売ジャイアンツ)

・デビッド・ブキャナン(東京ヤクルトスワローズ)

・東克樹(横浜DeNAベイスターズ)

パ・リーグ

・岸孝之(東北楽天ゴールデンイーグルス)

・菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

・石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)

最多勝

セ・リーグ

・菅野智之(読売ジャイアンツ)

・ランディ・メッセンジャー(阪神タイガース)

・大瀬良大地(広島東洋カープ)

パ・リーグ

・菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

・多和田真三郎(埼玉西武ライオンズ)

・石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)

最多奪三振

セ・リーグ

・ランディ・メッセンジャー(阪神タイガース)

・菅野智之(読売ジャイアンツ)

・山口俊(読売ジャイアンツ)

パ・リーグ

・則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)

・菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

・涌井秀章(千葉ロッテマリーンズ)

最高勝率

セ・リーグ

・菅野智之(読売ジャイアンツ)

・大瀬良大地(広島東洋カープ)

・岡田明丈(広島東洋カープ)

パ・リーグ

・菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

・多和田真三郎(埼玉西武ライオンズ)

・石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)

最優秀中継ぎ投手

セ・リーグ

・ジェイ・ジャクソン(広島東洋カープ)

・近藤一樹(東京ヤクルトスワローズ)

・今村猛(広島東洋カープ)

パ・リーグ

・宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ)

・リバン・モイネロ(福岡ソフトバンクホークス)

・山本由伸(オリックス・バファローズ)

最多セーブ

セ・リーグ

・中﨑翔太(広島東洋カープ)

・山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)

・ラファエル・ドリス(阪神タイガース)

パ・リーグ

・増田達至(埼玉西武ライオンズ)

・内竜也(千葉ロッテマリーンズ)

・マイケル・トンキン(北海道日本ハムファイターズ)

 

まとめ

3度目のタイトルホルダー予想をしてみました。

開幕から約2ヶ月経過し、候補者が故障により離脱したり、思わぬダークホースが頭角をあらわしたりと開幕当初の予想から大きく変わってきています。

 

次回は6月21日(交流戦終了後、リーグ戦再開前日)に見直した予想を報告します。

 

 

 

これまでの予想記事はこちら。

【ペナント予想】2018年のタイトルホルダー ~開幕直前~

【ペナント予想】2018年のタイトルホルダー ~開幕後1ヶ月経過時点~

 

トップページ