野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

歴代日本シリーズMVP ~2000年代~


日本プロ野球の頂点を決める舞台「日本シリーズ」。
この大舞台で最も日本一に貢献した選手に贈られるMVPを獲得し、「シリーズ男」の称号を得た選手たちを紹介します。

 

 

目次

 

2000年:松井秀喜(読売ジャイアンツ)

シリーズ成績:6試合、打率.381、3本塁打、8打点

シーズン成績:135試合、打率.316、42本塁打、108打点

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代本塁打王⑦ - 野球の記録がここにある

 

2001年:古田敦也(ヤクルトスワローズ)※2度目

成績:5試合、打率.500、1本塁打、3打点

シーズン成績:121試合、打率.324、15本塁打、66打点

関連ページ:100本以上のアーチをかけた男たち⑳ - 野球の記録がここにある

 

2002年:二岡智宏(読売ジャイアンツ)

シリーズ成績:4試合、打率.474、1本塁打、5打点

シーズン成績:112試合、打率.281、24本塁打、67打点

関連ページ:100本以上のアーチをかけた男たち⑯ - 野球の記録がここにある

 

2003年:杉内俊哉(福岡ダイエーホークス)

シリーズ成績:2試合、防御率0.60、2勝0敗

シーズン成績:27試合、防御率3.38、10勝8敗

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代最多勝投手⑦ - 野球の記録がここにある

 

2004年:石井貴(西武ライオンズ)

シリーズ成績:2試合、防御率0.00、2勝0敗

シーズン成績:14試合、防御率4.65、1勝5敗

 

2005年:今江敏晃(千葉ロッテマリーンズ)

シリーズ成績:4試合、打率.667、1本塁打、4打点

シーズン成績:132試合、打率.310、8本塁打、71打点

関連ページ:【年間記録】犠飛数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2006年:稲葉篤紀(北海道日本ハムファイターズ)

シリーズ成績:5試合、打率.353、2本塁打、7打点

シーズン成績:128試合、打率.307、26本塁打、75打点

関連ページ:歴代サイクルヒット達成者⑥ - 野球の記録がここにある

 

2007年:中村紀洋(中日ドラゴンズ)

シリーズ成績:5試合、打率.444、0本塁打、4打点

シーズン成績:130試合、打率.293、20本塁打、79打点

関連ページ:【年間記録】打点数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2008年:岸孝之(埼玉西武ライオンズ)

シリーズ成績:2試合、防御率0.00、2勝0敗

シーズン成績:26試合、防御率3.42、12勝4敗

関連ページ:歴代ノーヒットノーラン達成者④ - 野球の記録がここにある

 

2009年:阿部慎之助(読売ジャイアンツ)

シリーズ成績:6試合、打率.304、2本塁打、5打点

シーズン成績:123試合、打率.293、32本塁打、76打点

関連ページ:シーズン40本塁打達成者④ - 野球の記録がここにある

 

 

 

その他日本シリーズMVPはこちら。

1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代

 

トップページ