野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代最優秀防御率 ~1960年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では最優秀防御率を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

 

1960年

セ:1.75 秋山登(大洋ホエールズ)

シーズン成績:59試合、防御率1.75、21勝10敗

通算防御率:2.60

パ:1.98 小野正一(毎日大映オリオンズ)

シーズン成績:67試合、防御率1.98、33勝11敗

通算防御率:2.80

 

1961年

セ:1.70 権藤博(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:69試合、防御率1.70、35勝19敗

通算防御率:2.69

パ:1.69 稲尾和久(西鉄ライオンズ)※4度目

シーズン成績:78試合、防御率1.69、42勝14敗

通算防御率:1.98

 

1962年

セ:1.20 村山実(阪神タイガース)※2度目

シーズン成績:57試合、防御率1.20、25勝14敗

通算防御率:2.09

パ:2.12 久保田治(東映フライヤーズ)

シーズン成績:43試合、防御率2.12、16勝7敗

通算防御率:2.83

 

1963年

セ:1.70 柿本実(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:48試合、防御率1.70、21勝13敗

通算防御率:2.55

パ:2.36 久保征弘(近鉄バファローズ)

シーズン成績:62試合、防御率2.36、19勝12敗

通算防御率:3.34

 

1964年

セ:1.89 ジーン・バッキー(阪神タイガース)

シーズン成績:46試合、防御率1.89、29勝9敗

通算防御率:2.34

パ:2.15 妻島芳郎(東京オリオンズ)

シーズン成績:56試合、防御率2.15、6勝5敗

通算防御率:2.80

 

1965年

セ:1.84 金田正一(読売ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:28試合、防御率1.84、11勝6敗

通算防御率:1.84

パ:1.57 三浦清弘(南海ホークス)

シーズン成績:41試合、防御率1.57、11勝3敗

通算防御率:3.09

 

1966年

セ:1.39 堀内恒夫(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:33試合、防御率1.39、16勝2敗

通算防御率:3.27

パ:1.79 稲尾和久(西鉄ライオンズ)※5度目

シーズン成績:54試合、防御率1.79、11勝10敗

通算防御率:1.98

 

1967年

セ:1.40 権藤正利(阪神タイガース)

シーズン成績:40試合、防御率1.40、9勝6敗

通算防御率:2.78

パ:1.75 足立光宏(阪急ブレーブス)

シーズン成績:43試合、防御率1.75、20勝10敗

通算防御率:2.91

 

1968年

セ:1.94 外木場義郎(広島東洋カープ)

シーズン成績:45試合、防御率1.94、21勝14敗

通算防御率:2.88

パ:1.61 皆川睦雄(南海ホークス)

シーズン成績:56試合、防御率1.61、31勝10敗

通算防御率:2.42

 

1969年

セ:1.81 江夏豊(阪神タイガース)

シーズン成績:44試合、防御率1.81、15勝10敗

通算防御率:2.49

パ:1.72 木樽正明(ロッテオリオンズ)

シーズン成績:51試合、防御率1.72、15勝9敗

通算防御率:3.05

 

 

 

最優秀防御率紹介記事:1リーグ時代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代

 

その他のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ