野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代首位打者 ~1950年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では首位打者を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

 

1950年

セ:.362 藤村富美男(大阪タイガース)

シーズン成績:140試合、打率.362、39本塁打、146打点

通算打率:.300

パ:.339 大下弘(東急フライヤーズ)※2度目

シーズン成績:106試合、打率.339、13本塁打、72打点

通算打率:.303

 

1951年

セ:.377 川上哲治(読売ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:97試合、打率.377、15本塁打、81打点

通算打率:.313

パ:.383 大下弘(東急フライヤーズ)※3度目

シーズン成績:89試合、打率.383、26本塁打、63打点

通算打率:.303

 

1952年

セ:.353 西沢道夫(名古屋ドラゴンズ)

シーズン成績:113試合、打率.353、20本塁打、98打点

通算打率:.286

パ:.336 飯島滋弥(大映スターズ)

シーズン成績:119試合、打率.336、13本塁打、59打点

通算打率:.282

 

1953年

セ:.347 川上哲治(読売ジャイアンツ)※4度目

シーズン成績:121試合、打率.347、6本塁打、77打点

通算打率:.313

パ:.318 岡本伊三美(南海ホークス)

シーズン成績:116試合、打率.318、19本塁打、77打点

通算打率:.257

 

1954年

セ:.361 与那嶺要(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:125試合、打率.361、10本塁打、69打点

通算打率:.311

パ:.337 ラリー・レインズ(阪急ブレーブス)

シーズン成績:137試合、打率.337、18本塁打、96打点

通算打率:.302

 

1955年

セ:.338 川上哲治(読売ジャイアンツ)※5度目

シーズン成績:120試合、打率.338、12本塁打、79打点

通算打率:.313

パ:.332 中西太(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:135試合、打率.332、35本塁打、98打点

通算打率:.307

 

1956年

セ:.338 与那嶺要(読売ジャイアンツ)※2度目

シーズン成績:123試合、打率.338、13本塁打、47打点

通算打率:.311

パ:.325 豊田泰光(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:148試合、打率.325、12本塁打、70打点

通算打率:.277

 

1957年

セ:.343 与那嶺要(読売ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:126試合、打率.343、12本塁打、48打点

通算打率:.311

パ:.331 山内和弘(毎日オリオンズ)

シーズン成績:126試合、打率.331、29本塁打、81打点

通算打率:.295

 

1958年

セ:.320 田宮謙次郎(大阪タイガース)

シーズン成績:120試合、打率.320、11本塁打、62打点

通算打率:.297

パ:.314 中西太(西鉄ライオンズ)※2度目

シーズン成績:126試合、打率.314、23本塁打、84打点

通算打率:.307

 

1959年

セ:.334 長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:124試合、打率.334、27本塁打、82打点

通算打率:.305

パ:.323 杉山光平(南海ホークス)

シーズン成績:115試合、打率.323、9本塁打、67打点

通算打率:.279

 

 

 

首位打者紹介記事:1リーグ時代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代

 

その他のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ