野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

無償トレードされた選手の個人成績①

 

歴代の無償トレードされた選手の個人成績を紹介します。

 

 

目次

 

白野清美(南海⇒国鉄)

移籍年:1962年

移籍前成績

前年シーズン成績(1962年):10試合、1安打、打率.056、0本塁打、1打点、0盗塁

移籍前通算成績(4年間):31試合、6安打、打率.146、0本塁打、1打点、1盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1963年):46試合、20安打、打率.263、3本塁打、8打点、1盗塁

移籍後通算成績(1年間):46試合、20安打、打率.263、3本塁打、8打点、1盗塁

 

七森由康(巨人⇒サンケイ)

移籍年:1964年

移籍前成績

前年シーズン成績(1964年):4試合、防御率2.00、2勝1敗、投球回18回、7奪三振

移籍前通算成績(1年間):4試合、防御率2.00、2勝1敗、投球回18回、7奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1965年):5試合、防御率12.00、0勝0敗、投球回6回1/3、2奪三振

移籍後通算成績(1年間):5試合、防御率12.00、0勝0敗、投球回6回1/3、2奪三振

 

富永格郎(東映⇒サンケイ)

移籍年:1965年

移籍前成績

前年シーズン成績(1965年):4試合、防御率5.63、0勝0敗、投球回8回、2奪三振

移籍前通算成績(10年間):245試合、防御率3.16、38勝48敗、投球回834回、602奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1966年):5試合、防御率9.00、0勝0敗、投球回4回1/3、2奪三振

移籍後通算成績(1年間):5試合、防御率9.00、0勝0敗、投球回4回1/3、2奪三振

 

江藤省三(巨人⇒中日)

移籍年:1968年

移籍前成績

前年シーズン成績(1968年):1試合、0安打、打率.000、0本塁打、0打点、0盗塁

移籍前通算成績(3年間):17試合、3安打、打率.115、0本塁打、1打点、0盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1969年):34試合、7安打、打率.250、2本塁打、7打点、0盗塁

移籍後通算成績(8年間):447試合、151安打、打率.274、12本塁打、64打点、4盗塁

 

金本秀夫(阪急⇒阪神)

移籍年:1968年

移籍前成績

前年シーズン成績(1968年):1試合、防御率0.00、0勝0敗、投球回1回、0奪三振

移籍前通算成績(5年間):40試合、防御率4.43、0勝5敗、投球回83回1/3、50奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1969年):2試合、防御率10.80、0勝0敗、投球回5回、2奪三振

移籍後通算成績(1年間):2試合、防御率10.80、0勝0敗、投球回5回、2奪三振

 

カール・ボレス(近鉄⇒西鉄)

移籍年:1968年

移籍前成績

前年シーズン成績(1968年):72試合、59安打、打率.251、5本塁打、25打点、2盗塁

移籍前通算成績(3年間):310試合、307安打、打率.275、62本塁打、158打点、19盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1969年):115試合、98安打、打率.242、18本塁打、56打点、4盗塁

移籍後通算成績(3年間):267試合、233安打、打率.252、55本塁打、136打点、11盗塁

関連ページ:100本以上のアーチをかけた男たち⑥ - 野球の記録がここにある

 

若生忠男(西鉄⇒巨人)

移籍年:1968年

移籍前成績

前年シーズン成績(1968年):46試合、防御率3.27、4勝12敗、投球回132回1/3、84奪三振

移籍前通算成績(14年間):553試合、防御率2.80、102勝104敗、投球回1893回2/3、1382奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1969年):23試合、防御率3.00、3勝3敗、投球回77回2/3、76奪三振

移籍後通算成績(2年間):25試合、防御率3.28、3勝3敗、投球回79回2/3、77奪三振

関連ページ:歴代ノーヒットノーラン達成者② - 野球の記録がここにある

 

葛城隆雄(中日⇒阪神)

移籍年:1969年

移籍前成績

前年シーズン成績(1969年):70試合、31安打、打率.228、2本塁打、9打点、0盗塁

移籍前通算成績(6年間):701試合、619安打、打率.271、57本塁打、270打点、22盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1970年):14試合、8安打、打率.267、1本塁打、5打点、0盗塁

移籍後通算成績(1年間):14試合、8安打、打率.267、1本塁打、5打点、0盗塁

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代打点王② - 野球の記録がここにある

 

飯塚佳寛(大洋⇒広島)

移籍年:1972年

移籍前成績

前年シーズン成績(1972年):3試合、0安打、打率.000、0本塁打、0打点、0盗塁

移籍前通算成績(2年間):86試合、25安打、打率.197、0本塁打、6打点、4盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1973年):(※シーズン開幕前に再移籍のため記録なし)

移籍後通算成績(0年間):(※シーズン開幕前に再移籍のため記録なし)

 

及川宣士(大洋⇒太平洋)

移籍年:1972年

移籍前成績

前年シーズン成績(1972年):1試合、防御率6.00、0勝1敗、投球回3回、3奪三振

移籍前通算成績(7年間):168試合、防御率4.81、21勝39敗、投球回449回、342奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1973年):4試合、防御率5.40、0勝0敗、投球回5回、3奪三振

移籍後通算成績(1年間):4試合、防御率5.40、0勝0敗、投球回5回、3奪三振

関連ページ:【年間記録】暴投数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

田中章(太平洋⇒大洋)

移籍年:1975年

移籍前成績

前年シーズン成績(1975年):23試合、防御率4.00、2勝4敗、投球回81回、21奪三振

移籍前通算成績(5年間):231試合、防御率3.02、32勝33敗9S、投球回608回1/3、234奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1976年):11試合、防御率7.41、0勝0敗、投球回16回2/3、8奪三振

移籍後通算成績(2年間):14試合、防御率7.23、0勝0敗、投球回18回2/3、9奪三振

 

藤井栄治(太平洋⇒阪急)

移籍年:1976年

移籍前成績

前年シーズン成績(1976年):59試合、31安打、打率.279、2本塁打、16打点、0盗塁

移籍前通算成績(3年間):254試合、168安打、打率.247、10本塁打、81打点、5盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1977年):61試合、34安打、打率.321、2本塁打、16打点、0盗塁

移籍後通算成績(2年間):96試合、42安打、打率.278、2本塁打、21打点、0盗塁

関連ページ:【シーズン】歴代最多二塁打③ - 野球の記録がここにある

 

ゲイル・ホプキンス(広島⇒南海)

移籍年:1976年

移籍前成績

前年シーズン成績(1976年):117試合、138安打、打率.329、20本塁打、69打点、1盗塁

移籍前通算成績(2年間):247試合、265安打、打率.289、53本塁打、160打点、2盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1977年):113試合、107安打、打率.266、16本塁打、69打点、1盗塁

移籍後通算成績(1年間):113試合、107安打、打率.266、16本塁打、69打点、1盗塁

 

水谷孝(巨人⇒阪急)

移籍年:1976年

移籍前成績

前年シーズン成績(1976年):13試合、防御率6.16、1勝0敗、投球回19回1/3、6奪三振

移籍前通算成績(1年間):13試合、防御率6.16、1勝0敗、投球回19回1/3、6奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1977年):6試合、防御率5.19、2勝1敗、投球回26回1/3、5奪三振

移籍後通算成績(1年間):6試合、防御率5.19、2勝1敗、投球回26回1/3、5奪三振

関連ページ:センバツ歴代優勝校③ ~1960年代~ - 野球の記録がここにある

 

山下司(巨人⇒日本ハム)

移籍年:1976年

移籍前成績

前年シーズン成績(1976年):(一軍公式戦出場なし)

移籍前通算成績(8年間):105試合、3安打、打率.088、0本塁打、0打点、8盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1977年):86試合、17安打、打率.181、1本塁打、8打点、9盗塁

移籍後通算成績(1年間):86試合、17安打、打率.181、1本塁打、8打点、9盗塁

関連ページ:センバツ歴代優勝校⑤ ~1980年代~ - 野球の記録がここにある

 

矢野俊一(大洋⇒ロッテ)

移籍年:1978年

移籍前成績

前年シーズン成績(1978年):(一軍公式戦出場なし)

移籍前通算成績(5年間):140試合、20安打、打率.180、4本塁打、15打点、5盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1979年):57試合、11安打、打率.200、0本塁打、3打点、4盗塁

移籍後通算成績(1年間):57試合、11安打、打率.200、0本塁打、3打点、4盗塁

 

金城致勲(西武⇒ロッテ)

移籍年:1980年

移籍前成績

前年シーズン成績(1980年):(一軍公式戦出場なし)

移籍前通算成績(3年間):23試合、2安打、打率.080、1本塁打、2打点、0盗塁

移籍後成績

翌年シーズン成績(1981年):(一軍公式戦出場なし)

移籍後通算成績(0年間):(一軍公式戦出場なし)

 

大津一洋(西武⇒南海)

移籍年:1983年

移籍前成績

前年シーズン成績(1983年):(一軍公式戦出場なし)

移籍前通算成績(0年間):(一軍公式戦出場なし)

移籍後成績

翌年シーズン成績(1984年):1試合、防御率4.50、0勝0敗、投球回2回、1奪三振

移籍後通算成績(2年間):15試合、防御率4.56、0勝0敗、投球回25回2/3、13奪三振

 

藤村雅人(西武⇒南海)

移籍年:1983年

移籍前成績

前年シーズン成績(1983年):(一軍公式戦出場なし)

移籍前通算成績(0年間):(一軍公式戦出場なし)

移籍後成績

翌年シーズン成績(1984年):3試合、防御率5.40、0勝0敗、投球回5回、0奪三振

移籍後通算成績(2年間):4試合、防御率9.00、0勝0敗、投球回5回、0奪三振

 

山内新一(南海⇒阪神)

移籍年:1983年

移籍前成績

前年シーズン成績(1983年):13試合、防御率8.55、2勝9敗、投球回53回2/3、11奪三振

移籍前通算成績(11年間):309試合、防御率3.73、121勝121敗、投球回2126回、626奪三振

移籍後成績

翌年シーズン成績(1984年):25試合、防御率4.74、7勝9敗、投球回108回1/3、34奪三振

移籍後通算成績(2年間):30試合、防御率4.96、8勝10敗、投球回118回、36奪三振

関連ページ:連続試合記録 〜投球編〜 - 野球の記録がここにある

 

 

 

トップページ