野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

日本人メジャーリーガーの成績 ~通算登板トップ10~

 

日本人メジャーリーガーの通算登板トップ10を紹介します。(※2018年終了時点)

 

 

目次

 

1位:517登板 長谷川滋利(シアトル・マリナーズほか)

MLB在籍年数:9年

シーズン最多登板:68登板(2004年)

通算記録:517試合、防御率3.70、45勝43敗33S61H、投球回720回1/3、447奪三振

関連ページ:歴代新人王⑤ 〜1990年代〜 - 野球の記録がここにある

 

2位:436登板 上原浩治(ボストン・レッドソックスほか)

MLB在籍年数:9年

シーズン最多登板:73登板(2013年)

通算記録:436試合、防御率2.66、22勝26敗95S81H、投球回437回2/3、572奪三振

関連ページ:歴代投手四冠達成者 - 野球の記録がここにある

 

3位:388登板 田澤純一(ロサンゼルス・エンゼルス)

MLB在籍年数:10年

シーズン最多登板:71登板(2013年、2014年)

通算記録:388試合、防御率4.12、21勝26敗4S90H、投球回395回1/3、374奪三振(※現役選手)

関連ページ:日本人メジャーリーガーの成績 ~通算防御率トップ10~ - 野球の記録がここにある

 

4位:338登板 斎藤隆(ロサンゼルス・ドジャースほか)

MLB在籍年数:7年

シーズン最多登板:72登板(2006年)

通算記録:338試合、防御率2.34、21勝15敗84S40H、投球回338回、400奪三振

関連ページ:歴代カムバック賞受賞者② 〜1990・2000年代〜 - 野球の記録がここにある

 

5位:323登板 野茂英雄(ロサンゼルス・ドジャースほか)

MLB在籍年数:12年

シーズン最多登板:34登板(2002年)

通算記録:323試合、防御率4.24、123勝109敗、投球回1976回1/3、1918奪三振

関連ページ:【タイトルホルダー】最多奪三振獲得回数ランキング - 野球の記録がここにある

 

6位:266登板 岡島秀樹(ボストン・レッドソックスほか)

MLB在籍年数:6年

シーズン最多登板:68登板(2009年)

通算記録:266試合、防御率3.09、17勝8敗6S84H、投球回250回1/3、216奪三振

関連ページ:海外FA移籍選手の個人成績① - 野球の記録がここにある

 

7位:236登板 大塚晶文(テキサス・レンジャーズほか)

MLB在籍年数:4年

シーズン最多登板:73登板(2004年)

通算記録:236試合、防御率2.44、13勝15敗39S74H、投球回232回、217奪三振

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代最多セーブ③ - 野球の記録がここにある

 

8位:228登板 佐々木主浩(シアトル・マリナーズ)

MLB在籍年数:4年

シーズン最多登板:69登板(2001年)

通算記録:228試合、防御率3.14、7勝16敗129S、投球回223回1/3、242奪三振

関連ページ:【タイトルホルダー】最多セーブ獲得回数ランキング - 野球の記録がここにある

 

9位:212登板 黒田博樹(ニューヨーク・ヤンキースほか)

MLB在籍年数:7年

シーズン最多登板:33登板(2012年)

通算記録:212試合、防御率3.45、79勝79敗、投球回1319回、986奪三振

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代最優秀防御率 ~2000年代~ - 野球の記録がここにある

 

10位:202登板 大家友和(モントリオール・エクスポズほか)

MLB在籍年数:10年

シーズン最多登板:34登板(2003年)

通算記録:202試合、防御率4.26、51勝68敗1H、投球回1070回、590奪三振

関連ページ:【球団の歴史(MLB)】クリーブランド・インディアンス - 野球の記録がここにある

 

 

 

トップページ