野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー(MLB)】歴代最多勝 ~1920年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。

その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。

本記事ではMLBで最多勝を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

目次

 

1920年

ア:31勝 ジム・バグビー・シニア(クリーブランド・インディアンス)

シーズン成績:48試合、防御率2.89、31勝12敗、投球回339回2/3、73奪三振

通算勝利:127勝

ナ:27勝 ピート・アレクサンダー(シカゴ・カブス)※6度目

シーズン成績:46試合、防御率1.91、27勝14敗5S、投球回363回1/3、173奪三振

通算勝利:373勝

 

1921年

ア:27勝 ※2名同時受賞

カール・メイズ(ニューヨーク・ヤンキース)

シーズン成績:49試合、防御率3.05、27勝9敗7S、投球回336回2/3、70奪三振

通算勝利:208勝

アーバン・ショッカー(セントルイス・ブラウンズ)

シーズン成績:47試合、防御率3.55、27勝12敗4S、投球回326回2/3、132奪三振

通算勝利:187勝

ナ:22勝 ※2名同時受賞

ウィルバー・クーパー(ピッツバーグ・パイレーツ)

シーズン成績:38試合、防御率3.25、22勝14敗、投球回327回、134奪三振

通算勝利:216勝

バーリー・グライムス(ブルックリン・ロビンス)

シーズン成績:37試合、防御率2.83、22勝13敗、投球回302回1/3、136奪三振

通算勝利:270勝

 

1922年

ア:27勝 エディ・ロンメル(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:51試合、防御率3.28、27勝13敗2S、投球回294回、54奪三振

通算勝利:171勝

ナ:25勝 エッパ・リクシー(シンシナティ・レッズ)

シーズン成績:40試合、防御率3.53、25勝13敗、投球回313回1/3、80奪三振

通算勝利:266勝

 

1923年

ア:26勝 ジョージ・ウール(クリーブランド・インディアンス)

シーズン成績:54試合、防御率3.77、26勝16敗5S、投球回357回2/3、109奪三振

通算勝利:200勝

ナ:27勝 ドルフ・ルケ(シンシナティ・レッズ)

シーズン成績:41試合、防御率1.93、27勝8敗2S、投球回322回、151奪三振

通算勝利:194勝

 

1924年

ア:23勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)※6度目

シーズン成績:38試合、防御率2.72、23勝7敗、投球回277回2/3、158奪三振

通算勝利:417勝

ナ:28勝 ダジー・ヴァンス(ブルックリン・ロビンス)

シーズン成績:35試合、防御率2.16、28勝6敗、投球回308回1/3、262奪三振

通算勝利:197勝

 

1925年

ア:21勝 ※2名同時受賞

テッド・ライオンズ(シカゴ・ホワイトソックス)

シーズン成績:43試合、防御率3.26、21勝11敗3S、投球回262回2/3、45奪三振

通算勝利:260勝

エディ・ロンメル(フィラデルフィア・アスレチックス)※2度目

シーズン成績:52試合、防御率3.69、21勝10敗3S、投球回261回、67奪三振

通算勝利:171勝

ナ:22勝 ダジー・ヴァンス(ブルックリン・ロビンス)※2度目

シーズン成績:31試合、防御率3.53、22勝9敗、投球回265回1/3、221奪三振

通算勝利:197勝

 

1926年

ア:27勝 ジョージ・ウール(クリーブランド・インディアンス)※2度目

シーズン成績:39試合、防御率2.83、27勝11敗1S、投球回318回1/3、159奪三振

通算勝利:200勝

ナ:20勝 ※4名同時受賞

ピート・ドナヒュー(シンシナティ・レッズ)

シーズン成績:47試合、防御率3.37、20勝14敗、投球回285回2/3、73奪三振

通算勝利:134勝

レイ・クレーマー(ピッツバーグ・パイレーツ)

シーズン成績:37試合、防御率2.61、20勝6敗、投球回231回1/3、74奪三振

通算勝利:143勝

リー・メドウズ(ピッツバーグ・パイレーツ)

シーズン成績:36試合、防御率3.97、20勝9敗、投球回226回2/3、54奪三振

通算勝利:188勝

フリント・レム(セントルイス・カージナルス)

シーズン成績:34試合、防御率3.21、20勝7敗、投球回258回、72奪三振

通算勝利:105勝

 

1927年

ア:22勝 ※2名同時受賞

ウェイト・ホイト(ニューヨーク・ヤンキース)

シーズン成績:36試合、防御率2.63、22勝7敗1S、投球回256回1/3、86奪三振

通算勝利:237勝

テッド・ライオンズ(シカゴ・ホワイトソックス)※2度目

シーズン成績:39試合、防御率2.84、22勝14敗2S、投球回307回2/3、71奪三振

通算勝利:260勝

ナ:26勝 チャーリー・ルート(シカゴ・カブス)

シーズン成績:48試合、防御率3.76、26勝15敗、投球回309回、145奪三振

通算勝利:201勝

 

1928年

ア:24勝 ※2名同時受賞

レフティ・グローブ(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:39試合、防御率2.58、24勝8敗4S、投球回261回2/3、183奪三振

通算勝利:300勝

ジョージ・ピップグラス(ニューヨーク・ヤンキース)

シーズン成績:46試合、防御率3.38、24勝13敗、投球回300回2/3、139奪三振

通算勝利:102勝

ナ:25勝 ※2名同時受賞

ラリー・ベントン(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:42試合、防御率2.73、25勝9敗4S、投球回310回1/3、90奪三振

通算勝利:128勝

バーリー・グライムス(ピッツバーグ・パイレーツ)※2度目

シーズン成績:48試合、防御率2.99、25勝14敗3S、投球回330回2/3、97奪三振

通算勝利:270勝

 

1929年

ア:24勝 ジョージ・アーンショウ(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:44試合、防御率3.29、24勝8敗1S、投球回254回2/3、149奪三振

通算勝利:127勝

ナ:22勝 パット・マローン(シカゴ・カブス)

シーズン成績:40試合、防御率3.57、22勝10敗2S、投球回267回、166奪三振

通算勝利:134勝

 

 

 

日本プロ野球のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ