野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

年度別防御率ベスト10 ~1965年~

 

1965年防御率ベスト10の選手とシーズン個人成績を紹介します。

 

 

目次

 

セ・リーグ

1位:1.84 金田正一(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:28試合、防御率1.84、11勝6敗、投球回141回2/3、100奪三振

2位:1.96 村山実(阪神タイガース)

シーズン成績:39試合、防御率1.96、25勝13敗、投球回307回2/3、205奪三振

3位:1.97 山中巽(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:31試合、防御率1.97、12勝2敗、投球回155回1/3、79奪三振

4位:2.07 宮田征典(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:69試合、防御率2.07、20勝5敗、投球回164回2/3、145奪三振

5位:2.21 中村稔(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:45試合、防御率2.21、20勝4敗、投球回220回1/3、95奪三振

6位:2.25 板東英二(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:55試合、防御率2.25、12勝7敗、投球回156回1/3、87奪三振

7位:2.28 ジーン・バッキー(阪神タイガース)

シーズン成績:40試合、防御率2.28、18勝14敗、投球回256回2/3、112奪三振

8位:2.31 竜憲一(広島カープ)

シーズン成績:64試合、防御率2.31、18勝13敗、投球回226回、75奪三振

9位:2.40 高橋重行(大洋ホエールズ)

シーズン成績:59試合、防御率2.40、21勝17敗、投球回277回1/3、173奪三振

10位:2.43 小川健太郎(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:55試合、防御率2.43、17勝9敗、投球回215回1/3、126奪三振

 

パ・リーグ

1位:1.57 三浦清弘(南海ホークス)

シーズン成績:41試合、防御率1.57、11勝3敗、投球回178回1/3、84奪三振

2位:1.88 尾崎行雄(東映フライヤーズ)

シーズン成績:61試合、防御率1.88、27勝12敗、投球回378回、259奪三振

3位:1.93 永易将之(東映フライヤーズ)

シーズン成績:40試合、防御率1.93、10勝3敗、投球回140回1/3、78奪三振

4位:2.25 林俊彦(南海ホークス)

シーズン成績:33試合、防御率2.25、17勝3敗、投球回192回、152奪三振

5位:2.27 池永正明(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:47試合、防御率2.27、20勝10敗、投球回253回2/3、156奪三振

6位:2.35 小山正明(東京オリオンズ)

シーズン成績:50試合、防御率2.35、20勝10敗、投球回322回1/3、171奪三振

7位:2.38 稲尾和久(西鉄ライオンズ)

シーズン成績:38試合、防御率2.38、13勝6敗、投球回216回、101奪三振

8位:2.41 妻島芳郎(東京オリオンズ)

シーズン成績:57試合、防御率2.41、10勝9敗、投球回194回、94奪三振

9位:2.63 皆川睦男(南海ホークス)

シーズン成績:40試合、防御率2.63、14勝10敗、投球回163回2/3、89奪三振

10位:2.74 足立光宏(阪急ブレーブス)

シーズン成績:31試合、防御率2.74、15勝9敗、投球回171回、104奪三振

 

 

 

トップページ