野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

フレッシュオールスターMVP ~2000・2010年代~

 

二軍のオールスター「フレッシュオールスター」でMVPを受賞した選手の一軍成績を紹介します。(※2018年終了時点)

 

 

目次

 

2000年:河内孝哉(広島東洋カープ)

受賞時年齢:18歳(プロ1年目)

一軍通算成績:166試合、防御率5.06、16勝28敗23H、投球回356回、299奪三振

 

2001年:里崎智也(千葉ロッテマリーンズ)

受賞時年齢:25歳(プロ3年目)

一軍通算成績:1089試合、890安打、打率.256、108本塁打、458打点、6盗塁

主な受賞:ベストナイン(2回)、ゴールデングラブ賞(2回)、最優秀バッテリー賞(2回)

関連ページ:時代を彩った強力打線 〜マリンガン打線〜 - 野球の記録がここにある

 

2002年:藤本敦士(阪神タイガース)

受賞時年齢:24歳(プロ2年目)

一軍通算成績:1001試合、619安打、打率.251、14本塁打、208打点、27盗塁

主な受賞:オールスターMVP(1回)

関連ページ:国内FA移籍選手の個人成績 〜2000年代②〜 - 野球の記録がここにある

 

2003年:今江敏晃(千葉ロッテマリーンズ)

受賞時年齢:19歳(プロ2年目)

一軍通算成績:1678試合、1661安打、打率.283、107本塁打、719打点、32盗塁(※現役選手)

主な受賞:ベストナイン(1回)、ゴールデングラブ賞(4回)、日本シリーズMVP(2回)

関連ページ:歴代日本シリーズMVP ~2010年代~ - 野球の記録がここにある

 

2004年:青木宣親(ヤクルトスワローズ)

受賞時年齢:22歳(プロ1年目)

一軍通算成績:1112試合、1446安打、打率.329、94本塁打、452打点、167盗塁(※現役選手)

主な受賞:首位打者(3回)、最多安打(2回)、盗塁王(1回)、最高出塁率(2回)、新人王、ベストナイン(7回)、ゴールデングラブ賞(6回)、月間MVP(4回)、オールスターMVP(2回)

関連ページ:初の規定打席到達で首位打者に輝いた選手たち - 野球の記録がここにある

 

2005年:鶴岡慎也(北海道日本ハムファイターズ)

受賞時年齢:24歳(プロ3年目)

一軍通算成績:1154試合、625安打、打率.239、19本塁打、261打点、12盗塁(※現役選手)

主な受賞:ベストナイン(1回)、ゴールデングラブ賞(1回)、最優秀バッテリー賞(1回)

関連ページ:【2018年プロ野球】年間代打ヒット数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2006年:飯原誉士(東京ヤクルトスワローズ)

受賞時年齢:23歳(プロ1年目)

一軍通算成績:901試合、563安打、打率.258、49本塁打、246打点、76盗塁

関連ページ:【年間記録】死球数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2007年:中東直己(広島東洋カープ)

受賞時年齢:25歳(プロ1年目)

一軍通算成績:315試合、71安打、打率.233、2本塁打、16打点、19盗塁

 

2008年:原拓也(埼玉西武ライオンズ)

受賞時年齢:24歳(プロ2年目)

一軍通算成績:673試合、265安打、打率.223、6本塁打、76打点、2盗塁

関連ページ:【年間記録】犠打数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2009年:中田翔(北海道日本ハムファイターズ)

受賞時年齢:20歳(プロ2年目)

一軍通算成績:1179試合、1111安打、打率.254、202本塁打、749打点、13盗塁(※現役選手)

主な受賞:打点王(2回)、ベストナイン(4回)、ゴールデングラブ賞(3回)、クライマックスシリーズMVP(1回)

関連ページ:【2018年プロ野球】年間タイムリーヒット数トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2010年:岩崎恭平(中日ドラゴンズ)

受賞時年齢:24歳(プロ2年目)

一軍通算成績:144試合、49安打、打率.231、5本塁打、10打点、12盗塁

 

2011年:荒木貴裕(東京ヤクルトスワローズ)

受賞時年齢:23歳(プロ2年目)

一軍通算成績:381試合、184安打、打率.236、15本塁打、82打点、13盗塁(※現役選手)

関連ページ:2017年最も本塁打を放った世代は? - 野球の記録がここにある

 

2012年:中谷将大(阪神タイガース)

受賞時年齢:19歳(プロ2年目)

一軍通算成績:291試合、193安打、打率.239、29本塁打、101打点、3盗塁(※現役選手)

関連ページ:誕生月別で2017年最も本塁打を放ったのは? - 野球の記録がここにある

 

2013年:加藤翔平(千葉ロッテマリーンズ)

受賞時年齢:22歳(プロ1年目)

一軍通算成績:389試合、251安打、打率.248、9本塁打、69打点、27盗塁(※現役選手)

関連ページ:初打席初球本塁打達成者 - 野球の記録がここにある

 

2014年:井上晴哉(千葉ロッテマリーンズ)

受賞時年齢:25歳(プロ1年目)

一軍通算成績:244試合、210安打、打率.264、28本塁打、133打点、1盗塁(※現役選手)

主な受賞:月間MVP(1回)

関連ページ:歴代オープン戦首位打者 - 野球の記録がここにある

 

2015年:※試合中止

 

※台風のため試合中止

 

2016年:岡本和真(読売ジャイアンツ)

受賞時年齢:20歳(プロ2年目)

一軍通算成績:178試合、180安打、打率.296、34本塁打、106打点、4盗塁(※現役選手)

関連ページ:【2018年】今年初めて規定打席に到達した選手まとめ - 野球の記録がここにある

 

2017年:曽根海成(福岡ソフトバンクホークス)

受賞時年齢:22歳(プロ4年目)

一軍通算成績:11試合、5安打、打率.238、0本塁打、2打点、1盗塁(※現役選手)

関連ページ:【育成出身】通算安打トップ20 - 野球の記録がここにある

 

2018年:石垣雅海(中日ドラゴンズ)

受賞時年齢:19歳(プロ2年目)

一軍通算成績:1試合、0安打、打率.000、0本塁打、0打点、0盗塁

 

 

 

関連記事はこちら。

ファーム日本選手権MVP 〜1980・1990年代〜

ファーム日本選手権MVP 〜2000・2010年代〜

 

トップページ