野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー(MLB)】歴代最多勝 ~2010年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。

その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。

本記事ではMLBで最多勝を獲得した選手達を紹介していきます。(※2018年終了時点)

 

 

目次

 

2010年

ア:21勝 CC・サバシア(ニューヨーク・ヤンキース)※2度目

シーズン成績:34試合、防御率3.18、21勝7敗、投球回237回2/3、197奪三振

通算勝利:246勝(※現役選手)

ナ:21勝 ロイ・ハラデイ(フィラデルフィア・フィリーズ)※2度目

シーズン成績:33試合、防御率2.44、21勝10敗、投球回250回2/3、219奪三振

通算勝利:203勝

 

2011年

ア:24勝 ジャスティン・バーランダー(デトロイト・タイガース)※2度目

シーズン成績:34試合、防御率2.40、24勝5敗、投球回251回、250奪三振

通算勝利:204勝(※現役選手)

ナ:21勝 ※2名同時受賞

イアン・ケネディ(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)

シーズン成績:33試合、防御率2.88、21勝4敗、投球回222回、198奪三振

通算勝利:94勝(※現役選手)

クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)

シーズン成績:33試合、防御率2.28、21勝5敗、投球回233回1/3、248奪三振

通算勝利:153勝(※現役選手)

 

2012年

ア:20勝 ※2名同時受賞

デビッド・プライス(タンパベイ・レイズ)

シーズン成績:31試合、防御率2.56、20勝5敗、投球回211回、205奪三振

通算勝利:143勝(※現役選手)

ジェレッド・ウィーバー(ロサンゼルス・エンゼルス)

シーズン成績:30試合、防御率2.81、20勝5敗、投球回188回2/3、142奪三振

通算勝利:150勝

ナ:21勝 ジオ・ゴンザレス(ワシントン・ナショナルズ)

シーズン成績:32試合、防御率2.89、21勝8敗、投球回199回1/3、207奪三振

通算勝利:127勝(※現役選手)

 

2013年

ア:21勝 マックス・シャーザー(デトロイト・タイガース)

シーズン成績:32試合、防御率2.90、21勝3敗、投球回214回1/3、240奪三振

通算勝利:159勝(※現役選手)

ナ:19勝 ※2名同時受賞

アダム・ウェインライト(セントルイス・カージナルス)※2度目

シーズン成績:34試合、防御率2.94、19勝9敗、投球回241回2/3、219奪三振

通算勝利:148勝(※現役選手)

ジョーダン・ジマーマン(ワシントン・ナショナルズ)

シーズン成績:32試合、防御率3.25、19勝9敗、投球回213回1/3、161奪三振

通算勝利:94勝(※現役選手)

 

2014年

ア:18勝 ※3名同時受賞

コーリー・クルーバー(クリーブランド・インディアンス)

シーズン成績:34試合、防御率2.44、18勝9敗、投球回235回2/3、269奪三振

通算勝利:96勝(※現役選手)

マックス・シャーザー(デトロイト・タイガース)※2度目

シーズン成績:33試合、防御率3.15、18勝5敗、投球回220回1/3、252奪三振

通算勝利:159勝(※現役選手)

ジェレッド・ウィーバー(ロサンゼルス・エンゼルス)※2度目

シーズン成績:34試合、防御率3.59、18勝9敗、投球回213回1/3、169奪三振

通算勝利:150勝

ナ:21勝 クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)※2度目

シーズン成績:27試合、防御率1.77、21勝3敗、投球回198回1/3、239奪三振

通算勝利:153勝(※現役選手)

 

2015年

ア:20勝 ダラス・カイケル(ヒューストン・アストロズ)

シーズン成績:33試合、防御率2.48、20勝8敗、投球回232回、216奪三振

通算勝利:76勝(※現役選手)

ナ:22勝 ジェイク・アリエータ(シカゴ・カブス)

シーズン成績:33試合、防御率1.77、22勝6敗、投球回229回、236奪三振

通算勝利:98勝(※現役選手)

 

2016年

ア:22勝 リック・ポーセロ(ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:33試合、防御率3.15、22勝4敗、投球回223回、189奪三振

通算勝利:135勝(※現役選手)

ナ:20勝 マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)※3度目

シーズン成績:34試合、防御率2.96、20勝7敗、投球回228回1/3、284奪三振

通算勝利:159勝(※現役選手)

 

2017年

ア:18勝 ※3名同時受賞

カルロス・カラスコ(クリーブランド・インディアンス)

シーズン成績:32試合、防御率3.26、18勝6敗、投球回200回、226奪三振

通算勝利:79勝(※現役選手)

コーリー・クルーバー(クリーブランド・インディアンス)※2度目

シーズン成績:29試合、防御率2.25、18勝4敗、投球回203回2/3、265奪三振

通算勝利:96勝(※現役選手)

ジェイソン・バルガス(カンザスシティ・ロイヤルズ)

シーズン成績:32試合、防御率4.16、18勝11敗、投球回179回2/3、134奪三振

通算勝利:92勝(※現役選手)

ナ:18勝 クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)※3度目

シーズン成績:27試合、防御率2.31、18勝4敗、投球回175回、202奪三振

通算勝利:153勝(※現役選手)

 

2018年

ア:21勝 ブレイク・スネル(タンパベイ・レイズ)

シーズン成績:31試合、防御率1.89、21勝5敗、投球回180回2/3、221奪三振

通算勝利:32勝(※現役選手)

ナ:18勝 ※3名同時受賞

マックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ)※4度目

シーズン成績:33試合、防御率2.53、18勝7敗、投球回220回2/3、300奪三振

通算勝利:159勝(※現役選手)

ジョン・レスター(シカゴ・カブス)

シーズン成績:32試合、防御率3.32、18勝6敗、投球回181回2/3、149奪三振

通算勝利:177勝(※現役選手)

マイルズ・マイコラス(セントルイス・カージナルス)

シーズン成績:32試合、防御率2.83、18勝4敗、投球回200回2/3、146奪三振

通算勝利:31勝(※現役選手)

 

 

 

日本プロ野球のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ