野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

年度別防御率ベスト10 ~1986年~

 

1986年防御率ベスト10の選手とシーズン個人成績を紹介します。

 

 

目次

 

セ・リーグ

1位:2.43 北別府学(広島東洋カープ)

シーズン成績:30試合、防御率2.43、18勝4敗、投球回230回、123奪三振

2位:2.68 金石昭人(広島東洋カープ)

シーズン成績:26試合、防御率2.68、12勝6敗、投球回158回、105奪三振

3位:2.69 江川卓(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:26試合、防御率2.69、16勝6敗、投球回194回、119奪三振

4位:2.76 加藤初(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:26試合、防御率2.76、14勝5敗、投球回143回2/3、93奪三振

5位:3.005 杉本正(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:31試合、防御率3.01、12勝13敗、投球回182回2/3、106奪三振

6位:3.006 川口和久(広島東洋カープ)

シーズン成績:24試合、防御率3.01、12勝9敗、投球回164回2/3、145奪三振

7位:3.012 遠藤一彦(横浜大洋ホエールズ)

シーズン成績:31試合、防御率3.01、13勝13敗、投球回233回、185奪三振

8位:3.095 高野光(ヤクルトスワローズ)

シーズン成績:32試合、防御率3.10、12勝11敗、投球回209回1/3、141奪三振

9位:3.101 仲田幸司(阪神タイガース)

シーズン成績:32試合、防御率3.10、7勝12敗、投球回148回、124奪三振

10位:3.15 鈴木孝政(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:26試合、防御率3.15、9勝9敗、投球回162回2/3、78奪三振

 

パ・リーグ

1位:2.83 佐藤義則(阪急ブレーブス)

シーズン成績:21試合、防御率2.83、14勝6敗、投球回162回、105奪三振

2位:2.87 渡辺久信(西武ライオンズ)

シーズン成績:39試合、防御率2.87、16勝6敗1S、投球回219回2/3、178奪三振

3位:3.15 荘勝雄(ロッテオリオンズ)

シーズン成績:49試合、防御率3.15、11勝5敗18S、投球回143回、130奪三振

4位:3.22 工藤公康(西武ライオンズ)

シーズン成績:22試合、防御率3.22、11勝5敗、投球回145回1/3、138奪三振

5位:3.38 柴田保光(日本ハムファイターズ)

シーズン成績:33試合、防御率3.38、14勝9敗4S、投球回159回2/3、104奪三振

6位:3.78 藤本修二(南海ホークス)

シーズン成績:31試合、防御率3.78、10勝12敗1S、投球回159回2/3、80奪三振

7位:3.79 金沢次男(日本ハムファイターズ)

シーズン成績:27試合、防御率3.79、10勝9敗、投球回178回1/3、122奪三振

8位:3.81 山田久志(阪急ブレーブス)

シーズン成績:28試合、防御率3.81、14勝9敗、投球回210回1/3、105奪三振

9位:3.88 星野伸之(阪急ブレーブス)

シーズン成績:35試合、防御率3.88、9勝8敗、投球回153回、129奪三振

10位:3.89 西川佳明(南海ホークス)

シーズン成績:26試合、防御率3.89、10勝10敗1S、投球回159回2/3、75奪三振

 

 

 

トップページ