野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

FA(フリーエージェント)移籍1年目の個人記録まとめ

 

FA(フリーエージェント)移籍1年目の個人記録をまとめました。(※2019年終了時点)

 

 

目次

 

打撃記録

144試合

2012年:村田修一(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:144試合、130安打、打率.252、12本塁打、58打点、1盗塁

177安打

2007年:小笠原道大(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:142試合、177安打、打率.313、31本塁打、88打点、4盗塁

打率.338

2011年:内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)

シーズン成績:114試合、145安打、打率.338、12本塁打、74打点、4盗塁

33本塁打

2019年:浅村栄斗(東北楽天ゴールデンイーグルス)

シーズン成績:143試合、139安打、打率.263、33本塁打、92打点、1盗塁

95打点

1997年:清原和博(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:130試合、115安打、打率.249、32本塁打、95打点、0盗塁

31盗塁

2005年:大村直之(福岡ソフトバンクホークス)

シーズン成績:133試合、143安打、打率.270、8本塁打、48打点、31盗塁

 

投球記録

63試合

2018年:増井浩俊(オリックス・バファローズ)

シーズン成績:63試合、防御率2.49、2勝5敗35S9H、投球回65回、69奪三振

防御率2.04

2012年:杉内俊哉(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:24試合、防御率2.04、12勝4敗、投球回163回、172奪三振

12勝

1995年:工藤公康(福岡ダイエーホークス)

シーズン成績:22試合、防御率3.64、12勝5敗、投球回163回、138奪三振

2000年:工藤公康(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:21試合、防御率3.11、12勝5敗、投球回136回、148奪三振

2012年:杉内俊哉(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:24試合、防御率2.04、12勝4敗、投球回163回、172奪三振

2014年:久保康友(横浜DeNAベイスターズ)

シーズン成績:28試合、防御率3.33、12勝6敗、投球回178回1/3、119奪三振

12敗

2014年:涌井秀章(千葉ロッテマリーンズ)

シーズン成績:26試合、防御率4.21、8勝12敗、投球回164回2/3、116奪三振

35セーブ

2018年:増井浩俊(オリックス・バファローズ)

シーズン成績:63試合、防御率2.49、2勝5敗35S9H、投球回65回、69奪三振

21ホールド

2011年:小林宏之(阪神タイガース)

シーズン成績:42試合、防御率3.00、1勝5敗21H、投球回39回、45奪三振

178回1/3

2014年:久保康友(横浜DeNAベイスターズ)

シーズン成績:28試合、防御率3.33、12勝6敗、投球回178回1/3、119奪三振

189奪三振

2017年:岸孝之(東北楽天ゴールデンイーグルス)

シーズン成績:26試合、防御率2.76、8勝10敗、投球回176回1/3、189奪三振

 

 

 

FA移籍関連記事はこちら。

国内FA:1990年代① 1990年代② 2000年代① 2000年代② 2010年代① 2010年代② 2010年代③

海外FA: 

その他:人的補償で移籍した選手たち

 

トップページ