野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

現役最終年にゴールデングラブ賞を受賞した選手たち

 

現役最終年にゴールデングラブ賞(1972年〜1985年はダイヤモンドグラブ賞)を受賞した選手を紹介します。(※2018年終了時点)

 

 

目次

 

1972年:バート・シャーリー(中日ドラゴンズ)

ポジション:遊撃手

通算受賞回数:1回

シーズン成績:124試合、77安打、打率.191、12本塁打、51打点、1盗塁

関連ページ:歴代ダイヤモンドグラブ賞受賞者 〜1972年〜 - 野球の記録がここにある

 

1974年:ウェス・パーカー(南海ホークス)

ポジション:一塁手

通算受賞回数:1回

シーズン成績:127試合、145安打、打率.301、14本塁打、59打点、3盗塁

関連ページ:年度別打率ベスト10 ~1974年~ - 野球の記録がここにある

 

1978年:土井正三(読売ジャイアンツ)

ポジション:二塁手

通算受賞回数:1回

シーズン成績:110試合、107安打、打率.285、4本塁打、28打点、4盗塁

関連ページ:【シーズン】リーグ最多三塁打 ~1970年代~ - 野球の記録がここにある

 

2006年:新庄剛志(北海道日本ハムファイターズ)

ポジション:外野手

通算受賞回数:10回

シーズン成績:126試合、113安打、打率.258、16本塁打、62打点、2盗塁

関連ページ:幻の本塁打を打った選手たち - 野球の記録がここにある

 

2007年:アンディ・シーツ(阪神タイガース)

ポジション:一塁手

通算受賞回数:3回

シーズン成績:132試合、121安打、打率.243、9本塁打、54打点、0盗塁

関連ページ:歴代月間MVP 〜8月度③~ - 野球の記録がここにある

 

番外編:日本球界最終年GG賞受賞者

1976年:デービー・ジョンソン(読売ジャイアンツ)

ポジション:二塁手

通算受賞回数:1回

シーズン成績:108試合、102安打、打率.275、26本塁打、74打点、1盗塁

関連ページ:歴代ベストナイン受賞者 ~1976年~ - 野球の記録がここにある

 

1991年:ジム・トレーバー(近鉄バファローズ)

ポジション:一塁手

通算受賞回数:1回

シーズン成績:124試合、132安打、打率.272、29本塁打、92打点、11盗塁

関連ページ:【タイトルホルダー】歴代打点王 ~1990年代~ - 野球の記録がここにある

 

 

 

トップページ