野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー(MLB)】歴代最多セーブ ~1900年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。

その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。

本記事ではMLBで最多セーブを獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

目次

 

1901年

ア:3 ビル・ホッファー(クリーブランド・ブルーズ)

シーズン成績:16試合、防御率4.55、3勝8敗3S、投球回99回、19奪三振

通算セーブ:3

ナ:3 ※2名同時受賞

ビル・ドノバン(ブルックリン・スーパーバス)

シーズン成績:45試合、防御率2.77、25勝15敗3S、投球回351回、226奪三振

通算セーブ:8

ジャック・パウェル(セントルイス・カージナルス)

シーズン成績:45試合、防御率3.54、19勝19敗3S、投球回338回1/3、133奪三振

通算セーブ:15

 

1902年

ア:2 ジャック・パウェル(セントルイス・ブラウンズ)※2度目

シーズン成績:42試合、防御率3.21、22勝17敗2S、投球回328回1/3、137奪三振

通算セーブ:15

ナ:3 ビック・ウィリス(ボストン・ビーンイーターズ)

シーズン成績:51試合、防御率2.20、27勝20敗3S、投球回410回、225奪三振

通算セーブ:11

 

1903年

ア:2 ※5名同時受賞

ビル・ディーニーン(ボストン・アメリカンズ)

シーズン成績:37試合、防御率2.26、21勝13敗2S、投球回299回、148奪三振

通算セーブ:7

ジョージ・マリン(デトロイト・タイガース)

シーズン成績:41試合、防御率2.25、19勝15敗2S、投球回320回2/3、170奪三振

通算セーブ:8

アル・オース(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:36試合、防御率4.34、10勝22敗2S、投球回279回2/3、88奪三振

通算セーブ:6

ジャック・パウェル(セントルイス・ブラウンズ)※3度目

シーズン成績:38試合、防御率2.91、15勝19敗2S、投球回306回1/3、169奪三振

通算セーブ:15

サイ・ヤング(ボストン・アメリカンズ)

シーズン成績:40試合、防御率2.08、28勝9敗2S、投球回341回2/3、176奪三振

通算セーブ:18

ナ:3 ※2名同時受賞

カール・ラングレン(シカゴ・カブス)

シーズン成績:27試合、防御率2.94、11勝9敗3S、投球回193回、67奪三振

通算セーブ:6

ロスコ―・ミラー(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:15試合、防御率4.13、2勝5敗3S、投球回85回、30奪三振

通算セーブ:5

 

1904年

ア:3 ケース・パッテン(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:45試合、防御率3.07、14勝23敗3S、投球回357回2/3、150奪三振

通算セーブ:4

ナ:5 ジョー・マクギニティ(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:51試合、防御率1.61、35勝8敗5S、投球回408回、144奪三振

通算セーブ:24

 

1905年

ア:2 ジム・ブキャナン(セントルイス・ブラウンズ)

シーズン成績:22試合、防御率3.50、5勝9敗2S、投球回141回1/3、54奪三振

通算セーブ:2

ナ:6 クロード・エリオット(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:10試合、防御率4.03、0勝1敗6S、投球回38回、20奪三振

通算セーブ:6

 

1906年

ア:3 ※2名同時受賞

チーフ・ベンダー(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:36試合、防御率2.53、15勝10敗3S、投球回238回1/3、159奪三振

通算セーブ:34

オットー・ヘス(クリーブランド・ナップス)

シーズン成績:43試合、防御率1.83、20勝17敗3S、投球回333回2/3、167奪三振

通算セーブ:5

ナ:7 ジョージ・ファーガソン(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:22試合、防御率2.58、2勝0敗7S、投球回52回1/3、32奪三振

通算セーブ:8

 

1907年

ア:4 ※3名同時受賞

ビル・ディーニーン(ボストン・アメリカンズ→セントルイス・ブラウンズ)※2度目

シーズン成績:29試合、防御率2.92、7勝14敗4S、投球回188回、46奪三振

通算セーブ:7

トム・ヒューズ(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:34試合、防御率3.11、7勝14敗4S、投球回211回、102奪三振

通算セーブ:15

エド・ウォルシュ(シカゴ・ホワイトソックス)

シーズン成績:56試合、防御率1.60、24勝18敗4S、投球回422回1/3、206奪三振

通算セーブ:35

ナ:4 ジョー・マクギニティ(ニューヨーク・ジャイアンツ)※2度目

シーズン成績:47試合、防御率3.16、18勝18敗4S、投球回310回1/3、120奪三振

通算セーブ:24

 

1908年

ア:6 エド・ウォルシュ(シカゴ・ホワイトソックス)※2度目

シーズン成績:66試合、防御率1.42、40勝15敗6S、投球回464回、269奪三振

通算セーブ:35

ナ:5 ※3名同時受賞

モーデカイ・ブラウンズ(シカゴ・カブス)

シーズン成績:44試合、防御率1.47、29勝9敗5S、投球回312回1/3、123奪三振

通算セーブ:49

クリスティ・マシューソン(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:56試合、防御率1.43、37勝11敗5S、投球回390回2/3、259奪三振

通算セーブ:30

ジョー・マクギニティ(ニューヨーク・ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:37試合、防御率2.27、11勝7敗5S、投球回186回、55奪三振

通算セーブ:24

 

1909年

ア:8 フランク・アーレインズ(ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:45試合、防御率2.18、16勝12敗8S、投球回230回2/3、82奪三振

通算セーブ:8

ナ:7 モーデカイ・ブラウンズ(シカゴ・カブス)※2度目

シーズン成績:50試合、防御率1.31、27勝9敗7S、投球回342回2/3、172奪三振

通算セーブ:49

 

 

 

日本プロ野球のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ