野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー(MLB)】歴代最多セーブ ~1910年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。

その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。

本記事ではMLBで最多セーブを獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

目次

 

1910年

ア:5 エド・ウォルシュ(シカゴ・ホワイトソックス)※3度目

シーズン成績:45試合、防御率1.27、18勝20敗5S、投球回369回2/3、258奪三振

通算セーブ:35

ナ:7 ※2名同時受賞

モーデカイ・ブラウン(シカゴ・カブス)※3度目

シーズン成績:46試合、防御率1.86、25勝14敗7S、投球回295回1/3、143奪三振

通算セーブ:49

ハリー・ギャスパー(シンシナティ・レッズ)

シーズン成績:48試合、防御率2.59、15勝17敗7S、投球回275回、74奪三振

通算セーブ:13

 

1911年

ア:4 ※3名同時受賞

チャーリー・ホール(ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:32試合、防御率3.75、8勝7敗4S、投球回146回1/3、83奪三振

通算セーブ:12

エディ・プランク(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:40試合、防御率2.10、23勝8敗4S、投球回256回2/3、149奪三振

通算セーブ:23

エド・ウォルシュ(シカゴ・ホワイトソックス)※4度目

シーズン成績:56試合、防御率2.22、27勝18敗4S、投球回368回2/3、255奪三振

通算セーブ:35

ナ:13 モーデカイ・ブラウン(シカゴ・カブス)※4度目

シーズン成績:53試合、防御率2.80、21勝11敗13S、投球回270回、129奪三振

通算セーブ:49

 

1912年

ア:10 エド・ウォルシュ(シカゴ・ホワイトソックス)※5度目

シーズン成績:62試合、防御率2.15、27勝17敗10S、投球回393回、254奪三振

通算セーブ:35

ナ:6 スリム・サリー(セントルイス・カージナルス)

シーズン成績:48試合、防御率2.60、16勝17敗6S、投球回294回、108奪三振

通算セーブ:36

 

1913年

ア:13 チーフ・ベンダー(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:48試合、防御率2.21、21勝10敗13S、投球回236回2/3、135奪三振

通算セーブ:34

ナ:11 ラリー・チェニー(シカゴ・カブス)

シーズン成績:54試合、防御率2.57、21勝14敗11S、投球回305回、136奪三振

通算セーブ:19

 

1914年

ア:4 ※5名同時受賞

ジャック・ベントリー(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:30試合、防御率2.37、5勝7敗4S、投球回125回1/3、55奪三振

通算セーブ:8

レッド・フェイバー(シカゴ・ホワイトソックス)

シーズン成績:40試合、防御率2.68、10勝9敗4S、投球回181回1/3、88奪三振

通算セーブ:28

ロイ・ミッチェル(セントルイス・ブラウンズ)

シーズン成績:28試合、防御率4.35、4勝5敗4S、投球回103回1/3、38奪三振

通算セーブ:5

ジム・ショー(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:48試合、防御率2.70、15勝17敗4S、投球回257回、164奪三振

通算セーブ:16

ナ:6 ※2名同時受賞

レッド・エイムズ(シンシナティ・レッズ)

シーズン成績:47試合、防御率2.64、15勝23敗6S、投球回297回、128奪三振

通算セーブ:36

スリム・サリー(セントルイス・カージナルス)※2度目

シーズン成績:46試合、防御率2.10、18勝17敗6S、投球回282回1/3、105奪三振

通算セーブ:36

 

1915年

ア:7 カール・メイズ(ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:38試合、防御率2.60、6勝5敗7S、投球回131回2/3、65奪三振

通算セーブ:31

ナ:9 トム・ヒューズ(ボストン・ブレーブス)

シーズン成績:50試合、防御率2.12、16勝14敗9S、投球回280回1/3、171奪三振

通算セーブ:17

 

1916年

ア:8 ボブ・ショーキー(ニューヨーク・ヤンキース)

シーズン成績:53試合、防御率2.21、24勝14敗8S、投球回276回2/3、122奪三振

通算セーブ:29

ナ:8 レッド・エイムズ(セントルイス・カージナルス)※2度目

シーズン成績:45試合、防御率2.64、11勝16敗8S、投球回228回、98奪三振

通算セーブ:36

 

1917年

ア:9 デーブ・ダンフォース(シカゴ・ホワイトソックス)

シーズン成績:50試合、防御率2.65、11勝6敗9S、投球回173回、79奪三振

通算セーブ:24

ナ:4 スリム・サリー(ニューヨーク・ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:34試合、防御率2.17、18勝7敗4S、投球回215回2/3、54奪三振

通算セーブ:36

 

1918年

ア:7 ジョージ・モグリッチ(ニューヨーク・ヤンキース)

シーズン成績:45試合、防御率2.18、16勝13敗7S、投球回239回1/3、62奪三振

通算セーブ:21

ナ:3 ※4名同時受賞

フレッド・アンダーソン(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:18試合、防御率2.67、4勝2敗3S、投球回70回2/3、24奪三振

通算セーブ:8

ウィルバー・クーパー(ピッツバーグ・パイレーツ)

シーズン成績:38試合、防御率2.11、19勝14敗3S、投球回273回1/3、117奪三振

通算セーブ:14

ジョー・オシュガー(フィラデルフィア・フィリーズ)

シーズン成績:30試合、防御率3.03、6勝18敗3S、投球回184回、60奪三振

通算セーブ:8

フレッド・トニー(シンシナティ・レッズ→ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:32試合、防御率2.43、12勝12敗3S、投球回222回、51奪三振

通算セーブ:12

 

1919年

ア:5 ※3名同時受賞

アレン・ラッセル(ニューヨーク・ヤンキース→ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:44試合、防御率2.93、15勝9敗5S、投球回212回、113奪三振

通算セーブ:42

ジム・ショー(ワシントン・セネタース)※2度目

シーズン成績:45試合、防御率2.73、17勝17敗5S、投球回306回2/3、128奪三振

通算セーブ:16

ボブ・ショーキー(ニューヨーク・ヤンキース)※2度目

シーズン成績:41試合、防御率2.72、20勝11敗5S、投球回261回1/3、122奪三振

通算セーブ:29

ナ:4 オスカー・トゥエロ(セントルイス・カージナルス)

シーズン成績:45試合、防御率3.20、5勝7敗4S、投球回154回2/3、45奪三振

通算セーブ:4

 

 

 

日本プロ野球のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ