野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

時代を彩った強力打線 〜No Limit打線(2008年)〜

 

プロ野球の長い歴史においては、その時代ごとに強力かつ個性的な打線が存在してきました。

 

 

目次

 

主なオーダー(2008年)

1(二)片岡易之

年成績:139試合、167安打、打率.287、4本塁打、46打点、50盗塁

受賞:盗塁王、最多安打、ベストナイン(二塁手)

ペキタメモ:2年連続盗塁王に加えて、自身初の最多安打を受賞。

 

2(左)栗山巧

年成績:138試合、167安打、打率.317、11本塁打、72打点、17盗塁

受賞:最多安打、ベストナイン(外野手)

ペキタメモ:自身初の規定打席到達を果たし、ベストナインに加えて、片岡と共に最多安打を受賞。

 

3(遊)中島裕之

年成績:124試合、161安打、打率.331、21本塁打、81打点、25盗塁

受賞:最高出塁率、ベストナイン(遊撃手)、ゴールデングラブ賞(遊撃手)

ペキタメモ:自身初の最高出塁率を受賞し、リーグ2位の打率.331で3年連続打率3割を記録。

 

4(一)クレイグ・ブラゼル

年成績:130試合、110安打、打率.234、27本塁打、87打点、0盗塁

ペキタメモ:来日1年目で27本塁打を記録するも、打率はリーグワーストに終わる。

 

5(右)G.G.佐藤

年成績:105試合、117安打、打率.302、21本塁打、62打点、1盗塁

ペキタメモ:オールスターファン投票で両リーグ最多得票を集める活躍で自身初の打率3割を記録。

 

6(三)中村剛也

年成績:143試合、128安打、打率.244、46本塁打、101打点、2盗塁

受賞:本塁打王、ベストナイン(三塁手)

ペキタメモ:5月に死球で頬骨を骨折するも、自身初の規定打席到達で本塁打王を獲得。

 

7(D)石井義人

年成績:108試合、85安打、打率.278、4本塁打、29打点、0盗塁

ペキタメモ:3年ぶりに100試合以上出場を果たし、21二塁打を記録。

 

8(捕)細川亨

年成績:133試合、96安打、打率.238、16本塁打、58打点、0盗塁

受賞:ベストナイン(捕手)、ゴールデングラブ賞(捕手)

ペキタメモ:自己最多の16本塁打に加えて、3年連続盗塁阻止率1位と攻守で貢献。

 

9(中)ヒラム・ボカチカ

年成績:78試合、60安打、打率.251、20本塁打、47打点、3盗塁

ペキタメモ:わずか78試合の出場ながら「恐怖の9番打者」として20本塁打を記録。

 

(控)後藤武敏

年成績:49試合、50安打、打率.301、12本塁打、27打点、0盗塁

ペキタメモ:わずか49試合の出場ながら自己最多の12本塁打を記録。

 

(控)佐藤友亮

年成績:59試合、38安打、打率.302、1本塁打、11打点、4盗塁

ペキタメモ:出場機会は前年並みだったものの打率3割超えを記録し、アジアシリーズではMVPを受賞。

 

(控)赤田将吾

年成績:68試合、39安打、打率.244、2本塁打、13打点、2盗塁

ペキタメモ: 8月に自身初のサヨナラ満塁弾を放ち、クライマックスシリーズでは12打数6安打の活躍。

 

 

その他打線紹介記事はこちら。

時代を彩った強力打線 〜水爆打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイナマイト打線〜

時代を彩った強力打線 〜流線型打線〜

時代を彩った強力打線 〜400フィート打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミサイル打線〜

時代を彩った強力打線 〜メガトン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ブルーサンダー打線〜

時代を彩った強力打線 〜いてまえ打線〜

時代を彩った強力打線 ~マシンガン打線~

時代を彩った強力打線 〜ビッグバン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミレニアム打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイハード打線〜

時代を彩った強力打線 〜マリンガン打線〜

 

トップページ