野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

時代を彩った強力打線 〜ロッテ打線(2010年)〜

 

プロ野球の長い歴史においては、その時代ごとに強力かつ個性的な打線が存在してきました。

 

 

目次

 

主なオーダー(2010年)

1(遊)西岡剛

年成績:144試合、206安打、打率.346、11本塁打、59打点、22盗塁

受賞:首位打者、最多安打、ベストナイン(遊撃手)、ゴールデングラブ賞(遊撃手)

ペキタメモ:スイッチヒッターとして史上初のシーズン200安打を達成し、首位打者を獲得。

 

2(中)荻野貴司

年成績:46試合、57安打、打率.326、1本塁打、17打点、25盗塁

ペキタメモ:ルーキーながら46試合の出場で25盗塁を記録するも、故障で離脱。

 

3(二)井口資仁

年成績:143試合、156安打、打率.294、17本塁打、103打点、2盗塁

ペキタメモ:二塁打数・四球数・死球数でリーグトップの成績を残し、7年ぶりの100打点を記録。 

 

4(一)金泰均

年成績:141試合、141安打、打率.268、21本塁打、92打点、0盗塁

ペキタメモ:来日1年目は開幕4番でスタートし、リーグ7位タイの21本塁打を記録。

 

5(左)大松尚逸

年成績:142試合、139安打、打率.260、16本塁打、68打点、0盗塁

ペキタメモ:自己最多の142試合に出場し、3年連続二桁本塁打を記録。

 

6(右)サブロー

年成績:125試合、118安打、打率.261、19本塁打、71打点、2盗塁

ペキタメモ:初めて2年連続で規定打席に到達し、自己最多の71打点を記録。

 

7(D)福浦和也

年成績:116試合、95安打、打率.295、13本塁打、61打点、0盗塁

受賞:ベストナイン(指名打者)

ペキタメモ:規定打席未達ながら6年に二桁本塁打を記録し、自身初のベストナインを受賞。 

 

8(捕)里崎智也

年成績:78試合、65安打、打率.263、10本塁打、29打点、1盗塁

ペキタメモ:故障の影響等で100試合未満の出場に終わるも、6年連続二桁本塁打を記録。

 

9(三)今江敏晃

年成績:140試合、176安打、打率.331、10本塁打、77打点、8盗塁

受賞:日本シリーズMVP

ペキタメモ:リーグ3位の打率.331を記録し、2005年に続いて2度目の日本シリーズMVPを獲得。

 

(控)清田育宏

年成績:64試合、54安打、打率.290、2本塁打、18打点、5盗塁

ペキタメモ:ルーキーながら打率.290を記録し、日本シリーズでも本塁打を放つ活躍。

 

(控)岡田幸文

年成績:72試合、25安打、打率.176、0本塁打、8打点、15盗塁

ペキタメモ:2年目でプロ初出場を果たし、日本シリーズ第7戦では決勝打を放つ。

 

 

 

その他打線紹介記事はこちら。

時代を彩った強力打線 〜水爆打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイナマイト打線〜

時代を彩った強力打線 〜流線型打線〜

時代を彩った強力打線 〜400フィート打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミサイル打線〜

時代を彩った強力打線 〜メガトン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ブルーサンダー打線〜

時代を彩った強力打線 〜いてまえ打線〜

時代を彩った強力打線 ~マシンガン打線~

時代を彩った強力打線 〜ビッグバン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミレニアム打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイハード打線〜

時代を彩った強力打線 〜マリンガン打線〜

 

トップページ