野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

投打で初めて規定に到達した人物


ドラフト制以後、それぞれ別のシーズンながら投手として規定投球回数、打者として規定打席の両方に初めて到達したのは畠山準(南海 - 横浜)。

 

 

畠山準(南海ホークスほか)

・高校時代は「やまびこ打線」擁する池田高校のエース・主軸打者として甲子園優勝を果たす。

・1982年秋にドラフト1位で投手として南海に入団。

初の規定投球回到達

・2年目の1984年に32試合に登板し153イニングを投げ規定投球回に到達し、5勝をあげる。5月に初の完投勝利、6月には初完封を達成した。

1984年成績:32試合、防御率4.24、5勝12敗、153回、62奪三振

初の規定打席到達

・1991年に入団テストにより横浜へ移籍。

・1993年に「6番レフト」のレギュラーを獲得。128試合に出場し規定打席に到達し、打率.281を記録。この年は監督推薦により自身初のオールスター出場を果たしている。

1993年成績:128試合、127安打、打率.281、14本塁打、72打点

通算成績

投手成績:55試合、防御率4.74、6勝18敗、228回、99奪三振

野手成績:862試合、483安打、打率.255、57本塁打、240打点

表彰

・ジュニアオールスターMVP(1983年)

・優秀JCB・MEP賞(1993年)

・JA全農Go・Go賞(強肩賞:1994年9月)

その他の記録

・オールスター出場:3回(1993年~1995年)

 

 

 

トップページ