野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

過去三年(2014~2016年)の通算盗塁数トップ10


過去三年(2014~2016年)の通算盗塁数トップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20170218154530p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去三年での通算盗塁数が100を超えたのは西川遥輝(日本ハム)ただ一人で114盗塁。
2014~2016年の盗塁数推移は、43盗塁(盗塁王)・30盗塁・41盗塁。2014年、初の規定打席に到達して盗塁王も獲得。2016年は初の3割越えも果たし、チームの逆転優勝に大きく貢献しました。

二位は、2016年に最年長盗塁王に輝いた糸井嘉男(オリックス)の95盗塁。
2014~2016年の盗塁数推移は、31盗塁・11盗塁・53盗塁(盗塁王)。2015年はケガの影響からシーズン通して打撃不振に陥り、盗塁数も11とそれまでの成績から大きく数字を落としました。しかし、2016年は大復活を遂げ、自身2年ぶりの打率3割越えに加えて、自己最高となる53盗塁で35歳にして初の盗塁王に輝きました。

三位は、パワーとスピードを兼ね備えた梶谷隆幸(DeNA)の93盗塁。
盗塁数推移は、39盗塁(盗塁王)・28盗塁・26盗塁。2013年シーズン後半に突如現れ本塁打を量産した勢いそのままに、2014年は初の規定打席に到達し盗塁王も獲得。過去三年は連続して二桁本塁打&20盗塁を記録しています。

四位は、2015年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐(ソフトバンク)の88盗塁。
盗塁数推移は、33盗塁・32盗塁・23盗塁。三年続けて打率3割、二桁本塁打、20盗塁以上というハイレベルな成績を残しました。

五位は、85盗塁を記録した2015年盗塁王の中島卓也(日本ハム)と2016年盗塁王の金子侑司(西武)の2人。
中島の盗塁数推移は、28盗塁・34盗塁(盗塁王)・23盗塁。三年連続で20盗塁以上を記録しています。
金子の盗塁数推移は、21盗塁・11盗塁・53盗塁(盗塁王)。2016年はレギュラーに定着し自身初の盗塁王に輝くなど飛躍の年となりました。

七位以降は、山田哲人(ヤクルト)と大島洋平(中日)の歴代盗塁王もランクイン。2016年広島優勝の立役者・キクマルこと菊池涼介、丸佳浩(ともに広島)もトップ10入りを果たしました。




 

 

 

 

 

「2016年の世代別本塁打記録」完全版をnoteで販売中です。

note.mu