野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【シーズン】リーグ最多二塁打 ~2010年代~


本記事ではシーズンでリーグ最多二塁打を記録した選手達を紹介していきます。(※2018年終了時点)

 

 

 

2010年

セ:45本 森野将彦(中日ドラゴンズ)※2度目

シーズン成績:144試合、打率.327、22本塁打、84打点、2盗塁

通算二塁打:333

パ:44本 井口資仁(千葉ロッテマリーンズ)

シーズン成績:143試合、打率.294、17本塁打、103打点、2盗塁

通算二塁打:367

 

2011年

セ:29本 栗原健太(広島東洋カープ)

シーズン成績:144試合、打率.293、17本塁打、87打点、0盗塁

通算二塁打:186

パ:34本 松井稼頭央(東北楽天ゴールデンイーグルス)※3度目

シーズン成績:139試合、打率.260、9本塁打、48打点、15盗塁

通算二塁打:411

 

2012年

セ:35本 坂本勇人(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:144試合、打率.311、14本塁打、69打点、16盗塁

通算二塁打:322(※現役選手)

パ:31本 アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)

シーズン成績:143試合、打率.264、10本塁打、55打点、1盗塁

通算二塁打:153

 

2013年

セ:37本 マット・マートン(阪神タイガース)

シーズン成績:143試合、打率.314、19本塁打、85打点、6盗塁

通算二塁打:173

パ:38本 浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ)

シーズン成績:144試合、打率.317、27本塁打、110打点、14盗塁

通算二塁打:213(※現役選手)

 

2014年

セ:39本 ※2名

菊池涼介(広島東洋カープ)

シーズン成績:144試合、打率.325、11本塁打、58打点、23盗塁

通算二塁打:168(※現役選手)

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

シーズン成績:143試合、打率.324、29本塁打、89打点、15盗塁

通算二塁打:174(※現役選手)

パ:36本 糸井嘉男(オリックス・バファローズ)※2度目

シーズン成績:140試合、打率.331、19本塁打、81打点、31盗塁

通算二塁打:293(※現役選手)

 

2015年

セ:39本 山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)※2度目

シーズン成績:143試合、打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁

通算二塁打:174(※現役選手)

パ:38本 清田育宏(千葉ロッテマリーンズ)

シーズン成績:130試合、打率.317、15本塁打、67打点、10盗塁

通算二塁打:131(※現役選手)

 

2016年

セ:32本 村田修一(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:143試合、打率.302、25本塁打、81打点、1盗塁

通算二塁打:339

パ:40本 浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ)※2度目

シーズン成績:143試合、打率.309、24本塁打、82打点、8盗塁

通算二塁打:213(※現役選手)

 

2017年

セ:48本 ケーシー・マギー(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:139試合、打率.315、18本塁打、77打点、4盗塁

通算二塁打:106(※現役選手)

パ:38本 秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

シーズン成績:143試合、打率.322、25本塁打、89打点、16盗塁

通算二塁打:220(※現役選手)

 

2018年

セ:37本 ※2名

青木宣親(東京ヤクルトスワローズ)

シーズン成績:127試合、打率.328、10本塁打、67打点、3盗塁

通算二塁打:229(※現役選手)

ソイロ・アルモンテ(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:132試合、打率.321、15本塁打、77打点、1盗塁

通算二塁打:37(※現役選手)

パ:39本 秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)※2度目

シーズン成績:143試合、打率.323、24本塁打、82打点、15盗塁

通算二塁打:220(※現役選手)

 

 

 

トップページ