野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

出身地別で2016年最も本塁打を放ったのは?

 

2016年シーズン、最もプロ野球界を席巻したのはどの地域か?

出身地別で最も多く本塁打を記録した地域のトップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20170302221242p:plain

 

 

 

 

 

2016年の出身地別本塁打数でトップに立ったのは大阪の126本。
上位選手は、浅村栄斗(西武):24本、中村剛也(西武):21本、T-岡田(オリックス):20本。

 

2位は、アメリカの125本。
上位選手は、レアード(日本ハム):39本、ウィーラー(楽天):27本、ギャレット(巨人):24本。


3位タイは、東京広島の73本。
東京の上位選手は、鈴木誠也(広島):29本、菊池涼介(広島):13本、鳥谷敬(阪神):7本、茂木栄五郎(楽天):7本。
広島の上位選手は、中田翔(日本ハム):25本、新井貴浩(広島):19本、柳田悠岐(ソフトバンク):18本。


5位は、兵庫の71本。
上位選手は、山田哲人(ヤクルト):38本、坂本勇人(巨人):23本、中村奨悟(ロッテ):6本。


6位は、ベネズエラの69本。
該当選手は、メヒア(西武):35本、ロペス(DeNA):34本。


7位は、神奈川の60本。
上位選手は、田中広輔(広島):13本、秋山翔吾(西武):11本、福田永将(中日):10本。


8位は、ドミニカの58本。
上位選手は、ゴメス(阪神):22本、ナバーロ(ロッテ):10本、ナニータ(中日):8本。


9位は、千葉の56本。
上位選手は、丸佳浩(広島):20本、阿部慎之助(巨人):12本、高山俊(阪神):8本。


10位は、和歌山の49本。
該当選手は、筒香嘉智(DeNA):44本、西川遥輝(日本ハム):5本。

 

 

 

関連記事もどうぞ。

www.pekitarin.com