野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

2017年最も試合に出場した世代は?

 

2017年シーズン、最もプロ野球界を席巻したのはどの世代か?

最も多く試合に出場した世代トップ10を紹介します。

 

f:id:pekitarin:20171113211125p:plain

 

 

目次

 

1位:2746試合 1989年世代

現役選手数:63人

世代上位

中村晃(福岡ソフトバンクホークス):143試合

田中広輔(広島東洋カープ):143試合

丸佳浩(広島東洋カープ):143試合

島内宏明(東北楽天ゴールデンイーグルス):143試合

鈴木大地(千葉ロッテマリーンズ):143試合

 

 

2位:2564試合 1988年世代

現役選手数:57人

世代上位

秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ):143試合

坂本勇人(読売ジャイアンツ):142試合

梶谷隆幸(横浜DeNAベイスターズ):137試合

 

3位:2101試合 1990年世代

現役選手数:62人

世代上位

倉本寿彦(横浜DeNAベイスターズ):143試合

浅村栄斗(埼玉西武ライオンズ):143試合

中村悠平(東京ヤクルトスワローズ):127試合

 

4位:1841試合 1987年世代

現役選手数:46人

世代上位

銀次(東北楽天ゴールデンイーグルス):143試合

ブランドン・レアード(北海道日本ハムファイターズ):137試合

角中勝也(千葉ロッテマリーンズ):110試合

 

5位:1837試合 1991年世代

現役選手数:60人

世代上位

今宮健太(福岡ソフトバンクホークス):141試合

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ):139試合

梅野隆太郎(阪神タイガース):112試合

 

6位:1767試合 1992年世代

現役選手数:63人

世代上位

源田壮亮(埼玉西武ライオンズ):143試合

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ):143試合

西川遥輝(北海道日本ハムファイターズ):138試合

 

7位:1603試合 1993年世代

現役選手数:62人

世代上位

桑原将志(横浜DeNAベイスターズ):143試合

大城滉二(オリックス・バファローズ):122試合

松本剛(北海道日本ハムファイターズ):115試合

 

8位:1473試合 1985年世代

現役選手数:35人

世代上位

松山竜平(広島東洋カープ):120試合

大島洋平(中日ドラゴンズ):119試合

エルネスト・メヒア(埼玉西武ライオンズ):113試合

 

9位:1464試合 1984年世代

現役選手数:37人

世代上位

坂口智隆(東京ヤクルトスワローズ):136試合

長野久義(読売ジャイアンツ):134試合

ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ):125試合

 

10位:1432試合 1986年世代

現役選手数:33人

世代上位

ゼラス・ウィーラー(東北楽天ゴールデンイーグルス):142試合

アルフレド・デスパイネ(福岡ソフトバンクホークス):136試合

アレックス・ゲレーロ(中日ドラゴンズ):130試合

 

 

 

トップページ