野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【通算記録(MLB)】登板数トップ20

 

メジャーリーグの通算登板数トップ20を紹介します。(※2017年終了時点)

 

 

目次

 

1位:1252登板 ジェシー・オロスコ(ニューヨーク・メッツほか)

プロ年数:24年

シーズン最多登板数:71登板(1997年)

リーグ最多登板回数:1回

 

2位:1178登板 マイク・スタントン(アトランタ・ブレーブスほか)

プロ年数:19年

シーズン最多登板数:83登板(2004年)

リーグ最多登板回数:0回

 

3位:1119登板 ジョン・フランコ(ニューヨーク・メッツほか)

プロ年数:21年

シーズン最多登板数:74登板(1986年)

リーグ最多登板回数:0回

 

4位:1115登板 マリアノ・リベラ(ニューヨーク・ヤンキース)

プロ年数:19年

シーズン最多登板数:74登板(2004年)

リーグ最多登板回数:0回

 

5位:1071登板 デニス・エカーズリー(オークランド・アスレチックスほか)

プロ年数:24年

シーズン最多登板数:69登板(1992年)

リーグ最多登板回数:0回

 

6位:1070登板 ホイト・ウィルヘルム(シカゴ・ホワイトソックスほか)

プロ年数:21年

シーズン最多登板数:73登板(1964年)

リーグ最多登板回数:2回

 

7位:1064登板 ダン・プリーサック(ミルウォーキー・ブルワーズほか)

プロ年数:18年

シーズン最多登板数:78登板(1998年)

リーグ最多登板回数:0回

 

8位:1058登板 マイク・ティムリン(トロント・ブルージェイズほか)

プロ年数:18年

シーズン最多登板数:81登板(2005年)

リーグ最多登板回数:1回

 

9位:1050登板 ケント・テカルヴ(ピッツバーグ・パイレーツほか)

プロ年数:16年

シーズン最多登板数:94登板(1979年)

リーグ最多登板回数:4回

 

10位:1042登板 ラトロイ・ホーキンス(ミネソタ・ツインズほか)

プロ年数:21年

シーズン最多登板数:77登板(2004年)

リーグ最多登板回数:0回

 

11位:1035登板 トレバー・ホフマン(サンディエゴ・パドレスほか)

プロ年数:18年

シーズン最多登板数:70登板(1996年、1997年、2000年)

リーグ最多登板回数:0回

 

12位タイ:1022登板 リー・スミス(シカゴ・カブスほか)

プロ年数:17年

シーズン最多登板数:72登板(1982年)

リーグ最多登板回数:0回

 

12位タイ:1022登板 ホセ・メサ(クリーブランド・インディアンスほか)

プロ年数:19年

シーズン最多登板数:76登板(1998年)

リーグ最多登板回数:0回

 

14位:1010登板 ロベルト・ヘルナンデス(シカゴ・ホワイトソックスほか)

プロ年数:17年

シーズン最多登板数:74登板(1997年)

リーグ最多登板回数:0回

 

15位:1005登板 マイク・ジャクソン(クリーブランド・インディアンスほか)

プロ年数:17年

シーズン最多登板数:81登板(1993年)

リーグ最多登板回数:1回

 

16位:1002登板 リッチ・ゴセージ(ニューヨーク・ヤンキース)

プロ年数:22年

シーズン最多登板数:72登板(1977年)

リーグ最多登板回数:0回

 

17位:987登板 リンディ・マクダニエル(セントルイス・カージナルスほか)

プロ年数:21年

シーズン最多登板数:71登板(1965年)

リーグ最多登板回数:0回

 

18位:982登板 トッド・ジョーンズ(デトロイト・タイガースほか)

プロ年数:16年

シーズン最多登板数:79登板(2002年)

リーグ最多登板回数:0回

 

19位:964登板 デビッド・ウェザース(フロリダ・マーリンズほか)

プロ年数:19年

シーズン最多登板数:80登板(2001年)

リーグ最多登板回数:0回

 

20位:948登板 フランシスコ・ロドリゲス(ロサンゼルス・エンゼルスほか)

プロ年数:16年

シーズン最多登板数:78登板(2012年)

リーグ最多登板回数:1回

 

 

 

トップページ