野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(11月は平日:12・18時、土日:12・15・18時更新)

野球界の偉人③(吉原正喜、服部受弘、川上哲治)


80年を超えるプロ野球の歴史には、数々の偉大な選手たちが存在します。

これからも語り継がれるべき、それぞれの時代を代表するスターの紹介第3弾です。

 

 

 

吉原正喜(東京巨人軍)

f:id:pekitarin:20170226160405j:plain

巨人軍最高の捕手ともいわれる伝説の捕手。背番号は「27」。

・熊本県出身で、熊本工業時代は川上哲治とバッテリーを組み、甲子園で準優勝。

・1年目から正捕手となり、退団するまでの4年間すべてで規定打席に到達。この間、巨人は4連覇している。

通算記録:339試合、261安打、打率.237、9本塁打、103打点

 

服部受弘(中日ドラゴンズ)

f:id:pekitarin:20170226160441j:plain

・中日ドラゴンズの永久欠番10

・黎明期のプロ野球において、主に捕手・投手・三塁手といった複数のポジションで活躍した。

・1941年には8本塁打を放ち、本塁打王を獲得。

・1949、1950年には投手としてそれぞれ24勝、21勝と2年連続で20勝を達成。

1952年8月2日の巨人戦では、2-5と3点ビハインドの6回表満塁の場面で代打に起用され、別所毅彦から逆転満塁ホームランを放ち、そのままマウンドに上がり勝ち投手になるという偉業を達成した

(関連ページ:代打逆転満塁弾の後、リリーフし勝利投手 - 野球の記録がここにある

・守備位置別出場は、投手259、捕手173、三塁手73、一塁手27、外野手22、二塁手1、ほかにも代打などで300試合に出場している。

通算記録(打撃):855試合、447安打、打率.239、33本塁打、208打点

通算記録(投手):259試合、防御率2.81、112勝65敗

獲得タイトル:本塁打王 1回

 

川上哲治(東京巨人軍)

f:id:pekitarin:20170226160611j:plain

打撃の神様球界のドン

・「甲子園の土を持ち帰る」のを最初に行った人物とされている。

・低い弾道で弾丸のように鋭く飛んでいく打球は「弾丸ライナー」と命名された。

・1956年にプロ野球史上初の2000本安打を達成。(※1646試合での到達はNPB最速記録。)

・背番号16は巨人の永久欠番

・「ボールが止まって見えた」という有名な名言は、実際には小鶴誠(松竹)の発言であった。

監督を務めた14年間でリーグ優勝11回その全てで日本一となっている。

通算記録(打撃):1979試合、2351安打、打率.313、181本塁打、1319打点

通算記録(投手):39試合、防御率2.61、11勝9敗

獲得タイトル:首位打者 5回、本塁打王 2回、打点王 3回、最多安打 6回

表彰:MVP 3回、ベストナイン 10回、日本シリーズMVP 1回、オールスターMVP 1回

 

 

 

トップページ