読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(2017年4月からは毎日18時更新!)

野球界の偉人⑲(安仁屋宗八、尾崎行雄、高井保弘)

 

80年を超えるプロ野球の歴史には、数々の偉大な選手たちが存在します。

これからも語り継がれるべき、それぞれの時代を代表するスターの紹介第19弾です。

 

 

 

 

 

安仁屋宗八

所属球団:広島 - 阪神 - 広島

 

f:id:pekitarin:20170325222617j:plain

 

・当時アメリカ占拠下にあった沖縄出身者として、初めてプロ野球選手となった元祖沖縄の星である。

・12人兄弟の八男として生まれたことから「宗八」と名付けられた。

・3年目の1966年には、巨人戦で9回2死までノーヒットに抑えながら、黒江透修に安打を許してノーヒットノーランを逃した。

 

 

 

尾崎行雄

所属球団:東映

 

f:id:pekitarin:20170325223658j:plain

 

・弱冠17歳でのプロ入りながら、その剛速球で「怪童」と称され、現在でも「最も早い球を投げた投手」の一人として名が挙がることが多い投手である。

・高校2年の夏に甲子園で全国制覇を果たし、高校を中退してプロ入りしている。

史上最年少(17歳10カ月)でのオールスター選出及び登板を記録している。

・一年目は207回2/3を投げ、20歳9敗、防御率2.42の活躍で新人王に選ばれた。

 

 

 

高井保弘

所属球団:阪急

 

f:id:pekitarin:20170325225116p:plain

 

・代打のひと振りにかけた世界の代打男

通算代打本塁打世界記録保持者(27本)であり、その他にも通算代打起用回数通算代打安打通算代打打点のパ・リーグ記録など数々の代打記録を保持している。

・投手の癖をメモした100冊にも及ぶノートにより、1974年には通算代打本塁打の日本記録を更新する。また、その年は代打選手としては元祖「代打専門選手」の麻生実男以来2人目となるオールスター出場を果たす。そのオールスター第1戦では、1-2でセ・リーグ1点リードの9回裏一死一塁の場面で代打として登場し、史上初となる代打逆転サヨナラホームランを放ち、見事MVPを受賞した。

1975年には通算代打本塁打の世界記録を更新し、1982年に引退するまでにその記録を27本まで伸ばした。

 

 

 

関連記事もどうぞ。