野球の記録がここにある

ここだけでしか見ることができない野球に関する様々な記録やデータ、歴史などを紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

100本以上のアーチをかけた男たち⑬

 

長い歴史を持つプロ野球で100本打以上を放った選手は276人(※2016年終了時点)。

一つの大きな節目となる"100"という数字に到達するまでの年数や過程は選手それぞれですが、一朝一夕で達成できることではなく偉大な記録であることは間違いありません。その偉大な記録を讃えてこれまでの達成者を紹介していきます。

 

 

目次

 

レオ・ゴメス(中日ドラゴンズ)

プロ年数:6年

通算本塁打:153本

シーズン最多本数:36本

 

吉永幸一郎(福岡ダイエーホークスほか)

プロ年数:14年

通算本塁打:153本

シーズン最多本数:29本

 

仁志敏久(読売ジャイアンツほか)

プロ年数:14年

通算本塁打:154本

シーズン最多本数:28本

 

中田昌宏(阪急ブレーブス)

プロ年数:12年

通算本塁打:154本

シーズン最多本数:29本

 

トニー・ソレイタ(日本ハムファイターズ)

プロ年数:4年

通算本塁打:155本

シーズン最多本数:45本

 

井上弘昭(中日ドラゴンズほか)

プロ年数:18年

通算本塁打:155本

シーズン最多本数:18本

 

別当薫(毎日オリオンズほか)

プロ年数:10年

通算本塁打:155本

シーズン最多本数:43本

関連ページ:野球界の偉人④(別当薫、西沢道夫、小鶴誠) - 野球の記録がここにある

 

佐伯貴弘(横浜ベイスターズほか)

プロ年数:19年

通算本塁打:156本

シーズン最多本数:19本

 

伊東勤(西武ライオンズ)

プロ年数:22年

通算本塁打:156本

シーズン最多本数:13本

 

池辺巌(ロッテオリオンズ)

プロ年数:18年

通算本塁打:156本

シーズン最多本数:22本

 

 

 

関連記事もどうぞ。

 

トップページ