野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

代打逆転満塁弾の後、リリーフし勝利投手

 

服部受弘(名古屋軍)が記録。

 

 

目次

 

概要

1952年8月12日の巨人戦で別所毅彦から球団初の代打逆転満塁本塁打を放ち、そのままリリーフ登板し勝利投手となった。

服部受弘の1952年個人成績

投球成績:23試合、防御率2.57、13勝1敗、投球回139回2/3、37奪三振

打撃成績:77試合、32安打、打率.276、4本塁打、31打点、7盗塁

服部受弘の通算成績

投球成績:259試合、防御率2.81、112勝65敗、投球回1576回1/3、540奪三振

打撃成績:855試合、447安打、打率.239、33本塁打、208打点、61盗塁

タイトル:本塁打王(1回:1941年)

 

関連記事