野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

時代を彩った強力打線 〜オジンガン打線打線(2003年)〜

 

プロ野球の長い歴史においては、その時代ごとに強力かつ個性的な打線が存在してきました。

 

 

目次

 

主なオーダー(2003年)

1(右)稲葉篤紀

年成績:69試合、71安打、打率.273、11本塁打、30打点、4盗塁

ペキタメモ:故障でシーズンを通した活躍はできなかったが、7月にサイクルヒットを達成。

 

2(遊)宮本慎也

年成績:140試合、154安打、打率.284、7本塁打、44打点、11盗塁

受賞:ゴールデングラブ賞(遊撃手)

ペキタメモ:自己最多の154安打に加えて、3年連続4度目のリーグ最多犠打を記録。

 

3(一)トッド・ベッツ

年成績:112試合、117安打、打率.287、15本塁打、52打点、2盗塁

ペキタメモ:7月にサヨナラ本塁打を放つなど来日1年目で15本塁打を記録。

 

4(左)アレックス・ラミレス

年成績:140試合、189安打、打率.333、40本塁打、124打点、4盗塁

受賞:本塁打王、打点王、最多安打、ベストナイン(外野手)

ペキタメモ:来日3年目でキャリアハイの成績を残し、初の本塁打王&打点王を獲得。

 

5(三)鈴木健

年成績:135試合、153安打、打率.317、20本塁打、95打点、2盗塁

受賞:ベストナイン(三塁手)

ペキタメモ:移籍1年目で自己最高の打率.317と5年ぶりの20本塁打を放つ大活躍。

 

6(捕)古田敦也

年成績:139試合、146安打、打率.287、23本塁打、75打点、2盗塁

ペキタメモ:6月に日本タイ記録の4打席連続本塁打を放つなど8年ぶりの20本塁打を記録。

 

7(中)真中満

年成績:121試合、108安打、打率.293、6本塁打、48打点、6盗塁

ペキタメモ:規定打席には届かなかったものの、自己最多の48打点を記録。

 

8(二)土橋勝征

年成績:89試合、81安打、打率.302、6本塁打、27打点、0盗塁

ペキタメモ:規定打席未達ながら打率3割を記録。

 

(控)岩村明憲

年成績:60試合、61安打、打率.263、12本塁打、35打点、5盗塁

ペキタメモ:故障の影響で出場機会を減らすも、5年連続二桁本塁打を記録。

 

(控)城石憲之

年成績:117試合、64安打、打率.261、5本塁打、28打点、1盗塁

ペキタメモ:初めて100試合以上に出場し、自己最多の14二塁打を記録。

 

(控)佐藤真一

年成績:76試合、57安打、打率.277、4本塁打、31打点、4盗塁

ペキタメモ:4年連続で200打席以上に立ち、勝負強い打撃を発揮。

 

 

その他打線紹介記事はこちら。

時代を彩った強力打線 〜水爆打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイナマイト打線〜

時代を彩った強力打線 〜流線型打線〜

時代を彩った強力打線 〜400フィート打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミサイル打線〜

時代を彩った強力打線 〜メガトン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ブルーサンダー打線〜

時代を彩った強力打線 〜いてまえ打線〜

時代を彩った強力打線 ~マシンガン打線~

時代を彩った強力打線 〜ビッグバン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミレニアム打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイハード打線〜

時代を彩った強力打線 〜マリンガン打線〜

 

トップページ