野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

時代を彩った強力打線 〜強竜打線(2006年)〜

 

プロ野球の長い歴史においては、その時代ごとに強力かつ個性的な打線が存在してきました。

 

 

目次

 

主なオーダー(2006年)

1(二)荒木雅博

年成績:112試合、139安打、打率.300、2本塁打、31打点、30盗塁

受賞:ベストナイン(二塁手)、ゴールデングラブ賞(二塁手)

ペキタメモ:自身初の打率3割を達成し、3年連続ベストナイン&ゴールデングラブ賞を受賞。

 

2(遊)井端弘和

年成績:146試合、162安打、打率.283、8本塁打、48打点、17盗塁

受賞:ベストナイン(遊撃手)、ゴールデングラブ賞(遊撃手)

ペキタメモ:打率3割には届かずも、自己最多の8本塁打&97得点を記録。

 

3(右)福留孝介

年成績:130試合、174安打、打率.351、31本塁打、104打点、11盗塁

受賞:シーズンMVP、首位打者、最高出塁率、ベストナイン(外野手)、ゴールデングラブ賞(外野手)

ペキタメモ:自身2度目の首位打者を獲得し、初のシーズンMVPを受賞。

 

4(一)タイロン・ウッズ

年成績:144試合、162安打、打率.310、47本塁打、144打点、1盗塁

受賞:本塁打王、打点王、ベストナイン(一塁手)

ペキタメモ:打撃三部門で自己最高の成績。シーズン144打点は歴代6位の大記録。

 

5(三)森野将彦

年成績:110試合、120安打、打率.280、10本塁打、52打点、0盗塁

ペキタメモ:初めて規定打席に到達し、二桁本塁打を記録。

 

6(中)アレックス・オチョア

年成績:138試合、143安打、打率.273、15本塁打、77打点、2盗塁

ペキタメモ:自己最多の30二塁打を記録するなど、来日1年目から4年連続で規定打席到達。

 

7(左)井上一樹

年成績:108試合、85安打、打率.311、11本塁打、39打点、2盗塁

ペキタメモ: 規定打席未達ながら、3年連続二桁本塁打を記録。

 

8(捕)谷繁元信

年成績:141試合、100安打、打率.234、9本塁打、38打点、0盗塁

受賞:ベストナイン(捕手)、最優秀バッテリー賞

ペキタメモ:7月に捕手として史上4人目の通算2000試合出場を達成。

 

(控)英智

年成績:124試合、55安打、打率.215、1本塁打、27打点、4盗塁

ペキタメモ:自己最多の124試合に出場し、22犠打を記録。

 

(控)立浪和義

年成績:113試合、68安打、打率.263、1本塁打、31打点、3盗塁

ペキタメモ:プロ2年目以来17年ぶりに規定打席到達を逃す。

 

 

 

その他打線紹介記事はこちら。

時代を彩った強力打線 〜水爆打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイナマイト打線〜

時代を彩った強力打線 〜流線型打線〜

時代を彩った強力打線 〜400フィート打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミサイル打線〜

時代を彩った強力打線 〜メガトン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ブルーサンダー打線〜

時代を彩った強力打線 〜いてまえ打線〜

時代を彩った強力打線 ~マシンガン打線~

時代を彩った強力打線 〜ビッグバン打線〜

時代を彩った強力打線 〜ミレニアム打線〜

時代を彩った強力打線 〜ダイハード打線〜

時代を彩った強力打線 〜マリンガン打線〜

 

トップページ