野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー(MLB)】歴代最多勝 ~1910年代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。

その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。

本記事ではMLBで最多勝を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

目次

 

1910年

ア:31勝 ジャック・クーンズ(フィラデルフィア・アスレチックス)

シーズン成績:45試合、防御率1.30、31勝9敗、投球回353回、224奪三振

通算勝利:158勝

ナ:27勝 クリスティ・マシューソン(ニューヨーク・ジャイアンツ)※4度目

シーズン成績:38試合、防御率1.89、27勝9敗、投球回318回1/3、184奪三振

通算勝利:373勝

 

1911年

ア:28勝 ジャック・クーンズ(フィラデルフィア・アスレチックス)※2度目

シーズン成績:47試合、防御率3.53、28勝12敗、投球回336回2/3、185奪三振

通算勝利:158勝

ナ:28勝 ピート・アレクサンダー(フィラデルフィア・フィリーズ)

シーズン成績:48試合、防御率2.57、28勝13敗3S、投球回367回、227奪三振

通算勝利:373勝

 

1912年

ア:34勝 スモーキー・ジョー・ウッド(ボストン・レッドソックス)

シーズン成績:43試合、防御率1.91、34勝5敗1S、投球回344回、258奪三振

通算勝利:117勝

ナ:26勝 ※2名同時受賞

ラリー・チェニー(シカゴ・カブス)

シーズン成績:42試合、防御率2.85、26勝10敗、投球回303回1/3、140奪三振

通算勝利:116勝

ルーブ・マーカード(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:43試合、防御率2.57、26勝11敗1S、投球回294回2/3、175奪三振

通算勝利:201勝

 

1913年

ア:36勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)

シーズン成績:48試合、防御率1.14、36勝7敗2S、投球回346回、243奪三振

通算勝利:417勝

ナ:27勝 トム・シートン(フィラデルフィア・フィリーズ)

シーズン成績:52試合、防御率2.60、27勝12敗1S、投球回322回1/3、168奪三振

通算勝利:92勝

 

1914年

ア:28勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)※2度目

シーズン成績:51試合、防御率1.72、28勝18敗1S、投球回371回2/3、225奪三振

通算勝利:417勝

ナ:27勝 ピート・アレクサンダー(フィラデルフィア・フィリーズ)※2度目

シーズン成績:46試合、防御率2.38、27勝15敗1S、投球回355回、214奪三振

通算勝利:373勝

 

1915年

ア:27勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)※3度目

シーズン成績:47試合、防御率1.55、27勝13敗4S、投球回336回2/3、203奪三振

通算勝利:417勝

ナ:31勝 ピート・アレクサンダー(フィラデルフィア・フィリーズ)※3度目

シーズン成績:49試合、防御率1.22、31勝10敗3S、投球回376回1/3、241奪三振

通算勝利:373勝

 

1916年

ア:25勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)※4度目

シーズン成績:48試合、防御率1.90、25勝20敗1S、投球回369回2/3、228奪三振

通算勝利:417勝

ナ:33勝 ピート・アレクサンダー(フィラデルフィア・フィリーズ)※4度目

シーズン成績:48試合、防御率1.55、33勝12敗3S、投球回389回、167奪三振

通算勝利:373勝

 

1917年

ア:28勝 エディ・シーコット(シカゴ・ホワイトソックス)

シーズン成績:49試合、防御率1.53、28勝12敗4S、投球回346回2/3、150奪三振

通算勝利:209勝

ナ:30勝 ピート・アレクサンダー(フィラデルフィア・フィリーズ)※5度目

シーズン成績:45試合、防御率1.83、30勝13敗、投球回388回、200奪三振

通算勝利:373勝

 

1918年

ア:23勝 ウォルター・ジョンソン(ワシントン・セネタース)※5度目

シーズン成績:39試合、防御率1.27、23勝13敗3S、投球回326回、162奪三振

通算勝利:417勝

ナ:22勝 ヒッポ・ボーン(シカゴ・カブス)

シーズン成績:35試合、防御率1.74、22勝10敗、投球回290回1/3、148奪三振

通算勝利:178勝

 

1919年

ア:29勝 エディ・シーコット(シカゴ・ホワイトソックス)※2度目

シーズン成績:40試合、防御率1.82、29勝7敗1S、投球回306回2/3、110奪三振

通算勝利:209勝

ナ:25勝 ジェシー・バーンズ(ニューヨーク・ジャイアンツ)

シーズン成績:38試合、防御率2.40、25勝9敗1S、投球回295回2/3、92奪三振

通算勝利:152勝

 

 

 

日本プロ野球のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ