野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代最多奪三振 ~1リーグ時代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では最多奪三振を獲得した選手達を紹介していきます。

 

 

 

1936年秋:139 内藤幸三(名古屋金鯱軍)

シーズン成績:24試合、防御率3.63、6勝8敗、139奪三振

通算奪三振:1031

 

1937年春:196 沢村栄治(東京巨人軍)

シーズン成績:30試合、防御率0.81、24勝4敗、196奪三振

通算奪三振:554

 

1937年秋:129 沢村栄治(東京巨人軍)※2度目

シーズン成績:20試合、防御率2.38、9勝6敗、129奪三振

通算奪三振:554

 

1938年春:137 亀田忠(イーグルス)

シーズン成績:29試合、防御率2.06、12勝9敗、137奪三振

通算奪三振:827

 

1938年秋:146 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)

シーズン成績:24試合、防御率1.05、19勝2敗、146奪三振

通算奪三振:1960

 

1939年:282 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)※2度目

シーズン成績:68試合、防御率1.73、42勝15敗、282奪三振

通算奪三振:1960

 

1940年:297 亀田忠(黒鷲軍)※2度目

シーズン成績:56試合、防御率1.77、26勝23敗、297奪三振

通算奪三振:827

 

1941年:179 中尾輝三(東京巨人軍)

シーズン成績:41試合、防御率1.54、26勝9敗、179奪三振

通算奪三振:1597

 

1942年:264 野口二郎(大洋軍)

シーズン成績:66試合、防御率1.19、40勝17敗、264奪三振

通算奪三振:1395

 

1943年:253 藤本英雄(東京巨人軍)

シーズン成績:56試合、防御率0.73、34勝11敗、253奪三振

通算奪三振:1177

 

1944年:113 藤本英雄(東京巨人軍)※2度目

シーズン成績:21試合、防御率1.59、10勝8敗、113奪三振

通算奪三振:1177

 

1945年:(※公式戦休止)

戦争により公式戦休止

 

1946年:200 真田重蔵(パシフィック)

シーズン成績:63試合、防御率3.15、25勝26敗、200奪三振

通算奪三振:1083

 

1947年:191 別所昭(南海ホークス)

シーズン成績:55試合、防御率1.87、30勝19敗、191奪三振

通算奪三振:1934

 

1948年:187 中尾碩志(読売ジャイアンツ)※2度目

シーズン成績:47試合、防御率1.84、27勝12敗、187奪三振

通算奪三振:1597

 

1949年:183 武末悉昌(南海ホークス)

シーズン成績:51試合、防御率3.13、21勝17敗、183奪三振

通算奪三振:473

 

 

 

最多奪三振記事:1リーグ時代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代

 

その他のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ