野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代最多勝投手 ~1リーグ時代~

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では最多勝投手に輝いた選手達を紹介していきます。

 

 

 

※1リーグ時代

1936年秋:13勝 沢村栄治(東京巨人軍)

シーズン成績:15試合、13勝2敗、防御率1.05

通算勝利数:63勝

関連ページ:野球界の偉人②(鶴岡一人、ヴィクトル・スタルヒン、沢村栄治) - 野球の記録がここにある

 

1937年春:24勝 沢村栄治(東京巨人軍)※2度目

シーズン成績:30試合、24勝4敗、防御率0.81

通算勝利数:63勝

 

1937年秋:15勝 ※3名

西村幸生(大阪タイガース)

シーズン成績:25試合、15勝3敗、防御率1.48

通算勝利数:55勝

ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)

シーズン成績:26試合、15勝7敗、防御率1.86

通算勝利数:303勝

関連ページ:野球界の偉人②(鶴岡一人、ヴィクトル・スタルヒン、沢村栄治) - 野球の記録がここにある

野口明(東京セネタース)

シーズン成績:33試合、15勝15敗、防御率2.90

通算勝利数:49勝

 

1938年春:14勝 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)※2度目

シーズン成績:24試合、14勝3敗、防御率2.04

通算勝利数:303勝

 

1938年秋:19勝 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)※3度目

シーズン成績:24試合、19勝2敗、防御率1.05

通算勝利数:303勝

 

1939年:42勝 ヴィクトル・スタルヒン(東京巨人軍)※4度目

シーズン成績:68試合、42勝15敗、防御率1.73

通算勝利数:303勝

 

1940年:38勝 須田博(東京巨人軍)※5度目

※スタルヒンから一時改名

シーズン成績:55試合、38勝12敗、防御率0.97

通算勝利数:303勝

 

1941年:30勝 森弘太郎(阪急軍)

シーズン成績:48試合、30勝8敗、防御率0.89

通算勝利数:112勝

関連ページ:歴代ノーヒットノーラン達成者① - 野球の記録がここにある

 

1942年:40勝 野口二郎(大洋軍)

シーズン成績:66試合、40勝17敗、防御率1.19

通算勝利数:237勝

 

1943年:34勝 藤本英雄(東京巨人軍)

シーズン成績:56試合、34勝11敗、防御率0.73

通算勝利数:200勝

関連ページ:歴代完全試合達成者 - 野球の記録がここにある

 

1944年:22勝 若林忠志(阪神軍)

シーズン成績:31試合、22勝4敗、防御率1.56

通算勝利数:237勝

 

1945年:(※公式戦休止)

※戦争により公式戦休止

 

1946年:30勝 白木義一郎(セネタース)

シーズン成績:59試合、30勝22敗、防御率2.58

通算勝利数:97勝

 

1947年:30勝 別所昭(南海ホークス)

シーズン成績:55試合、30勝19敗、防御率1.87

通算勝利数:310勝

 

1948年:27勝 ※2名

川崎徳次(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:47試合、27勝15敗、防御率2.31

通算勝利数:188勝

中尾碩志(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:47試合、27勝12敗、防御率1.84

通算勝利数:209勝

 

1949年:27勝 ヴィクトル・スタルヒン(大映スターズ)※6度目

シーズン成績:52試合、27勝17敗、防御率2.61

通算勝利数:303勝

 

 

 

 

最多勝紹介記事:1リーグ時代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代

 

その他のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ