野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【シーズン】歴代最優秀WHIP 〜2010年代〜

 

1イニングあたり何人の走者を出したかを表す投手の成績指標「WHIP」。

本記事では年度別で最も優秀なWHIPを記録した選手たちを紹介していきます。(※2018年終了時点)

 

 

目次

 

2010年

セ:0.98 前田健太(広島東洋カープ)

シーズン成績:28試合、防御率2.21、15勝8敗、投球回215回2/3、174奪三振

通算WHIP:1.05

パ:1.01 ダルビッシュ有(北海道日本ハムファイターズ)※3度目

シーズン成績:26試合、防御率1.78、12勝8敗、投球回202回、222奪三振

通算WHIP:0.98

 

2011年

セ:0.87 吉見一起(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:26試合、防御率1.65、18勝3敗、投球回190回2/3、120奪三振

通算WHIP:1.13(※現役選手)

パ:0.83 ダルビッシュ有(北海道日本ハムファイターズ)※4度目

シーズン成績:28試合、防御率1.44、18勝6敗、投球回232回、276奪三振

通算WHIP:0.98

 

2012年

セ:0.98 杉内俊哉(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:24試合、防御率2.04、12勝4敗、投球回163回、172奪三振

通算WHIP:1.14

パ:0.88 吉川光夫(北海道日本ハムファイターズ)

シーズン成績:25試合、防御率1.71、14勝5敗、投球回173回2/3、158奪三振

通算WHIP:1.36(※現役選手)

 

2013年

セ:0.96 前田健太(広島東洋カープ)※2度目

シーズン成績:26試合、防御率2.10、15勝7敗、投球回175回2/3、158奪三振

通算WHIP:1.05

パ:0.94 田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)

シーズン成績:28試合、防御率1.27、24勝0敗1S、投球回212回、183奪三振

通算WHIP:1.11

 

2014年

セ:1.10 前田健太(広島東洋カープ)※3度目

シーズン成績:27試合、防御率2.60、11勝9敗、投球回187回、161奪三振

通算WHIP:1.05

パ:1.00 岸孝之(埼玉西武ライオンズ)

シーズン成績:23試合、防御率2.51、13勝4敗、投球回161回1/3、126奪三振

通算WHIP:1.09(※現役選手)

 

2015年

セ:0.90 マイルズ・マイコラス(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:21試合、防御率1.92、13勝3敗、投球回145回、107奪三振

通算WHIP:1.00

パ:0.91 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)

シーズン成績:22試合、防御率2.24、15勝5敗、投球回160回2/3、196奪三振

通算WHIP:1.04

 

2016年

セ:0.99 菅野智之(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:26試合、防御率2.01、9勝6敗、投球回183回1/3、189奪三振

通算WHIP:1.02(※現役選手)

パ:1.01 石川歩(千葉ロッテマリーンズ)

シーズン成績:23試合、防御率2.16、14勝5敗、投球回162回1/3、104奪三振

通算WHIP:1.22(※現役選手)

 

2017年

セ:0.85 菅野智之(読売ジャイアンツ)※2度目

シーズン成績:25試合、防御率1.59、17勝5敗、投球回187回1/3、171奪三振

通算WHIP:1.02(※現役選手)

パ:0.91 菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

シーズン成績:26試合、防御率1.97、16勝6敗、投球回187回2/3、217奪三振

通算WHIP:1.17

 

2018年

セ:1.00 菅野智之(読売ジャイアンツ)※3度目

シーズン成績:28試合、防御率2.14、15勝8敗、投球回202回、200奪三振

通算WHIP:1.02(※現役選手)

パ:0.98 岸孝之(東北楽天ゴールデンイーグルス)※2度目

シーズン成績:23試合、防御率2.72、11勝4敗、投球回159回、159奪三振

通算WHIP:1.09(※現役選手)

 

 

 

その他のタイトルホルダー記事はこちら。

打撃タイトル

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打

投手タイトル

最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最優秀中継ぎ投手 最高勝率

獲得回数ランキング

首位打者 本塁打王 打点王 盗塁王 最多安打 最高出塁率 最優秀防御率 最多勝 最多奪三振 最多セーブ 最高勝率

 

トップページ