野球の記録がここにある

野球に関する歴史や基本的な記録から知られざる記録まで、ありとあらゆる野球の情報を紹介します!(平日:18時、土日:12・18時更新)

【タイトルホルダー】歴代最多セーブ①

 

その年のリーグ最高記録を残したものに贈られる「タイトル」。
その栄誉は超一流選手の証として永く後世に伝えられます。
本記事では最多セーブを獲得した選手達を紹介していきます。

(※セ・リーグでは1976年~2004年、パ・リーグでは1977年~2004年までは最もセーブポイントを挙げた投手を「最優秀救援投手」として表彰。それ以外は最もセーブを挙げた投手を「最多セーブ投手」として表彰。)

 

 

目次

 

1974年

セ・リーグ

セーブ数:10

星野仙一(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:49試合、防御率2.87、15勝9敗10S

通算セーブ:34

パ・リーグ

セーブ数:13

佐藤道郎(南海ホークス)

シーズン成績:68試合、防御率1.91、7勝8敗13S

通算セーブ:39

 

1975年

セ・リーグ

セーブ数:21

鈴木孝政(中日ドラゴンズ)

シーズン成績:67試合、防御率2.98、9勝8敗21S

通算セーブ:96

パ・リーグ

セーブ数:13

村田兆治(ロッテオリオンズ)

シーズン成績:39試合、防御率2.21、9勝12敗13S

通算セーブ:33

 

1976年

セ・リーグ

セーブポイント数:32

鈴木孝政(中日ドラゴンズ)※2度目

シーズン成績:60試合、防御率2.98、7勝8敗26S

通算セーブ:96

パ・リーグ

セーブ数:16

佐藤道郎(南海ホークス)※2度目

シーズン成績:54試合、防御率2.25、9勝4敗16S

通算セーブ:39

 

1977年

セ・リーグ

セーブポイント数:23

鈴木孝政(中日ドラゴンズ)※3度目

シーズン成績:57試合、防御率3.76、18勝9敗9S

通算セーブ:96

パ・リーグ

セーブポイント数:22

江夏豊(南海ホークス)

シーズン成績:41試合、防御率2.79、4勝2敗19S

通算セーブ:193

 

1978年

セ・リーグ

セーブポイント数:25

新浦壽夫(読売ジャイアンツ)

シーズン成績:63試合、防御率2.81、15勝7敗15S

通算セーブ:39

パ・リーグ

セーブポイント数:26

山口高志(阪急ブレーブス)

シーズン成績:42試合、防御率2.79、13勝4敗14S

通算セーブ:44

 

1979年

セ・リーグ

セーブポイント数:31

江夏豊(広島東洋カープ)※2度目

シーズン成績:55試合、防御率2.66、9勝5敗22S

通算セーブ:193

パ・リーグ

セーブポイント数:20

金城基泰(南海ホークス)

シーズン成績:53試合、防御率3.29、4勝5敗16S

通算セーブ:92

 

 

 

トップページ